こんな映画は見ちゃいけない!

映画ライター・福本ジローによる、ハリウッドの大作から日本映画の小品までスポットを当てる新作映画専門批評サイト。

流浪の月

帰る場所がない少女と誰にも言えない秘密を抱えた青年。他人の温もりに飢えたふたりは運命のように出会い、宿命のように引かれ合い、やがて純粋に相手を思う気持ちに昇華されていく。物語は、女児誘拐事件の被害者が15年後に加害者と再会したことから起こる悲劇を描く。彼がしたことは犯罪、だが彼女は救われていた。司法には理解されず、彼には罰だけが待っていた。せっかく平安を得てもネット社会が壊していく。それでも彼は世間の仕打ちを無抵抗に受け入れていく。まるでそれが背負わされた十字架であるかの如く。一方、大人になった彼女もまた抜け出せない罠にとらわれ苦悩を抱えている。青年の、少女にしか心を開けない強烈な劣等感と、それを隠すために身にまとった静謐の鎧が切なかった。しっとりと落ち着いた映像が彼らの哀しみをリアルに再現していた。

亮と婚約中の更紗は深夜営業のカフェで働いている文を見つける。束縛し暴力をふるう亮と破局した更紗は文のアパートの隣室に引っ越すが、更紗と文の過去は文の恋人にも知られてしまう。

周囲はみな更紗の事件を知っている。気を使ってくれてはいるが下劣な興味も隠さない。そんな彼女と文の仲がネット上で一気に拡散すると文の恋人は去り、図らずも更紗と文はふたりが幸せだったころの関係に戻る。そんな時、彼らの世界に闖入してきた別の少女。逃げ場を失った彼らが負のスパイラルに落ちていく。それでも心は繋がっている。人のうわさもすぐに止むと知っている。世間からの仕打ちが厳しいほどふたりがお互いへの思いを固めていく過程が、障害が多いほど愛は純度を増していくと訴える。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

更紗が文と暮らした日々が、美しい思い出として挿入される。いとこから性的DVを受けて逃げてきた更紗は文のやさしさに笑顔を取り戻し、文もまた更紗の変化に希望を見出すようになっていく。そして更紗にだけ明かされた文の真実。異性愛者同士の大人の男女カップルであっても、必ずセックスで結ばれる必要はないとこの作品は教えてくれる。

監督     李相日
出演     広瀬すず/松坂桃李/横浜流星/多部未華子/趣里/三浦貴大/白鳥玉季/増田光桜/内田也哉子/柄本明
ナンバー     87
オススメ度     ★★★


↓公式サイト↓
https://gaga.ne.jp/rurounotsuki/

シン・ウルトラマン

突然宇宙空間から現れたかと思うと、インフラを破壊する巨大モンスターを軽く一蹴する銀色の巨人。高度な知性を持っているだけでなく、地球の科学力では到底及ばないエネルギーを自在に操ることができる。物語は、人類を駆逐しようとする外星人と人類の味方をする外星人の戦いを描く。悪意を持った外星人は言葉巧みに人類を支配下に置こうとする。交渉の矢面に立たされた日本政府は彼らを利用しようとするが、逆に侵略の橋頭保にされるだけ。“異なる文明が出会ったとき劣る方は殺されるか奴隷にされる”、世界史上の悲劇が繰り返されようとする。天文学的な距離を克服できる文明の前では地球人は無力であるとこの作品は訴える。人間に姿を変えた外星人同士が飲み会を割り勘にしたのには、思わず笑ってしまった。

日本各地に現れた禍威獣対策に当たる禍特対の神永は、ウルトラマンの風圧に吹き飛ばされた後に一体化する。その後友好目的で地球に来たと言うザラブ星人は首相と不平等条約を結び、神永を狙う。

ウルトラマンのみならずネロンガガボラといった禍威獣の造形は当然テレビシリーズより洗練されているが、映像は当時の質感が保持されている。音楽もそのまま転用され各シーンにマッチしたBGMが使用されている。人間ドラマの部分はもちろん現代風にアレンジされているが、ウルトラマン登場場面ではテレビシリーズのテイストが細部にわたって忠実に再現され、懐かしさがこみあげてくる。特に女子隊員が巨大化してオフィス街を歩く姿は元ネタを凌駕する出来栄え。オチを知っていてもなお楽しめる作りこみの奥深さに深い感銘を覚えた。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

さらにメフィラス星人ゼットンといったおなじみのキャラが登場し、人類を守ろうとするウルトラマンと戦いを繰り広げる。神永との一体化が明かされたのには違和感を覚えたが、普通に考えればバレバレなので変更はやむを得ないだろう。なにより、ゾフィーウルトラ兄弟の長兄などと改悪されず、オリジナルの設定を守っていたのがうれしかった。

監督     樋口真嗣
出演     斎藤工/長澤まさみ/有岡大貴/早見あかり/田中哲司/西島秀俊/山本耕史/嶋田久作/津田健次郎
ナンバー     86
オススメ度     ★★★★


↓公式サイト↓
https://shin-ultraman.jp/

エリザベス 女王陛下の微笑み

かつて「神聖ニシテ侵スヘカラス」と憲法に謳われた天皇とは違い、言動を批判もされるしパロディにもされる。それでも70年の長きにわたって君臨してきた彼女は自国民のみならず連邦を構成する国々の民衆からも愛され慕われている。映画は、英国エリザベス女王の人生を膨大なアーカイブ映像から俯瞰する。若き日に即位、その後現在に至るまで統合のシンボルの役目を果たし、平和の礎となってきた。チャーチル以来歴代の首相から政治経済国際情勢のレクチャーを受けてきたゆえに、新任の首相では太刀打ちできないほど世情に精通している。その、国民の委託を受けた権力のさらに上に立つ圧倒的な権威は頭上に頂いた王冠以上の重みと輝きを持つ。卒寿を過ぎてなお精力的に活動する姿は、日本の皇室にはないカジュアルさに満ちていた。

王室の傍系の一族だったが、直系の王が退位して王統を得、1952年に王位を継いだエリザベス。以来、第二次世界大戦後の激動の時代と世界の変遷を見守り続けている。

王室ウオッチャーによると、年代によって話し方やアクセントが明らかに変わっているという。若い時は張りのある声で明瞭な言葉を放っていたが、年齢を重ねるにつれ落ち着いた語りになるのは当然。そんな些細なことまでいちいちチェックされるのも彼女の人気ゆえだ。群集の前に馬に乗って現れた時、5発の発砲音に見舞われるテロまがいの行為に遭遇するも全弾空砲だったのは、反英勢力からも一目置かれている証拠だろう。一方で、ドレスデン訪問時には、大空襲の恨みから地元民から大ブーイングを食らう。それを大人の対応でいなし、女王の貫録を見せたのはさすがだ。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

身内の不祥事にも事欠かず、そのたびに批判の矢面に立たされてきたエリザベス。特にチャールズ皇太子の不倫と離婚、その後世間をにぎわしたダイアナの愛人問題。ダイアナのスキャンダラスな死を黙殺したのは、いかに彼女のふるまいを不愉快に思っていたかを想像させる。女王とて感情を持つ人間、慈しみの微笑みの裏に潜む本心が垣間見えた。

監督     ロジャー・ミッシェル
出演     エルトン・ジョン/ダニエル・クレイグ/マリリン・モンロー/ジョン・レノン/ノエル・カワード/オプラ・ウィンフリー/コリン・ファース/J・M・バリー
ナンバー     84
オススメ度     ★★★*


↓公式サイト↓
https://elizabethmovie70.com/

マイ・ニューヨーク・ダイアリー 

夢は追うなときっぱり言われた。スキルもセンスも必要のない大量の事務仕事を与えられた。それでも、いや、だからこそ積極的に己の能力を証明して仕事を勝ち取らなければならない。物語は、出版エージェントに就職した作家志望の女が、作家へのファンレター処理係をするうちに文学の奥深さに目覚めていく過程を描く。共感、感謝、嘆願、招待etc. 様々な内容のファンレターには、書いた人の人生が色濃く投影されている。彼女はそれらの手紙をチェックしたらシュレッダーにかけろと命令される。ファンの思いを踏みにじる行為に加担するのを彼女は潔しとしない。独断で返事を送り始めた彼女は、それが他人の人生を変える可能性のあることに気が付かない。結果だけが求められる世界で生き残る術を模索するヒロインの強烈な上昇志向が印象的だった。

作家を目指すジョアンナは厳しい上司・マーガレットの元で日々単純作業に追われ創作の時間を持てない。ある日、サリンジャーからの電話を受け、マーガレットに取り次ぐ。

隠棲したサリンジャーの唯一の窓口がマーガレット。ジョアンナはサリンジャーの偉大さを知らず、慌てて単行本を探す。このあたり、自国の伝説的作家の代表作を読んでいない文芸出版関係者が米国にもいるのかと変なところで驚いた。努力を苦にしないジョアンナは自宅残業で「ライ麦畑」の世界観を自分なりに解釈し、この小説の主人公ならどう考えるかをしたためた返信を送る。ファンを大切にするだけでなく、キャラクターを理解しその人になり切れる。ジョアンナにとって手紙の代返は絶好の文学修行になったに違いない。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

恋人との別れや有名作家との交流、文壇ホテルでのティーブレイク、雑誌編集者のスノッブさなど、1990年代NYの猥雑さと洗練が再現された映像はシャープ。しっとりとした音楽の使い方もセンスが良く、平和と繁栄を謳歌していた時代の、厳しいけれどギスギスしていない空気がとても身近に感じられた。何より、現状に甘んじないジョアンナの生き方がまぶしかった。

監督     フィリップ・ファラルドー
出演     マーガレット・クアリー/シガニー・ウィーバー/ ダグラス・ブース/サーナ・カーズレイク/ブライアン・F・オバーン/コルム・フィオール
ナンバー     83
オススメ度     ★★★*


↓公式サイト↓
https://bitters.co.jp/mynydiary/

オードリー・ヘプバーン

父はファシストだった。母は貴族出身だった。両親の深い愛に恵まれなかった彼女はバレエダンサーを志した。だが、プリマドンナにまで昇る詰まる才能はない。映画は、オードリー・ヘプバーンの生涯を回顧しつつ彼女がいかにして女優から慈善活動家に軸足を移していったかをたどる。幼少時にファシズムが台頭し始め、ドイツ以外の国でも支持者が現れた。世の中に漂う怒りと憎しみ、それらから目を背けることなく慎重に激動の時代を生き抜いた少女は、平和の到来とともに時代のアイコンになっていく。すらりと伸びた手足、エラの張った顔。アーカイブ映像からは、ハリウッド基準の美女とは明確に一線を画した圧倒的な存在感がほとばしっていた。

1929年、外交官の父と男爵家の娘である母の間に生まれたオードリー。父の失踪後、第二次大戦中はメッセンジャーとしてレジスタンスに協力する。戦後、バレエ学校に再入学するが早々と見切りをつけ、映画の端役こなす。

ブロードウェイミュージカルへの出演でウィリアム・ワイラーの目に留まったオードリーは「ローマの休日」のヒロインに抜擢される。記録的大ヒットでたちまちスターの仲間入り。「パリの恋人」ではフレッド・アステアと共演。ダンスの神様相手に、複雑な振付を柔軟な肉体を駆使して人生の喜びや楽しさを表現するシーンは、今見ても斬新だ。「ティファニーで朝食を」では自由な女性像を提示し、社会に新しい価値観を植え付ける。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

2度の結婚と離婚、プライベートを追われる窮屈さから、67年以降は出演作を絞りパパラッチ対策に悩まされる。その後、ユニセフ親善大使として新たな生きがいを見つけるオードリー。つなぎ合わされたフィルムは、「永遠の妖精」という彼女のイメージを壊さないように気遣いつつ、それでも年を重ねた彼女をじっくりと見つめる。首筋や目尻に衰えが見え始めても、その笑顔は輝きを失わない。ただ、50~60年代の映画界では監督やプロデューサーからのセクハラは当たり前。そこにも踏み込んでほしかった。

監督     ヘレナ・コーン
出演     オードリー・ヘプバーン/ショーン・ヘプバーン・ファーラー/エマ・キャスリーン・ヘプバーン・ファーラー/クレア・ワイト・ケラー/ピーター・ボグダノビッチ/リチャード・ドレイファス/アレッサンドラ・フェリ/フランチェスカ・ヘイワード/キーラ・ムーア
ナンバー     82
オススメ度     ★★★


↓公式サイト↓
https://audrey-cinema.com/

どうしようもない僕のちっぽけな世界は、

失業中なのに真面目に職探しはせず、実家の援助に頼っている。一人娘は児童相談所預かりで、なかなか会わせてもらえない。元妻は自分以上にだらしなく責任感ゼロ。物語は、何をやってもうまくいかず、やらなくてもずるずると沈んでいくだけの男の日常を描く。もちろんこのままでいいとは思っていない。娘との同居を真剣に考えてはいる。だが何事にも一生懸命になれず、結果は好ましくないものばかり。さらに己だけではなく娘の不幸までも運命のせいにしてしまう。そんな甘ったれた心根の持ち主である主人公のふがいなさがダラダラと綴られる映像には、ただただ不快感が募っていく。この、「面白くないものに支配されている」感覚こそが、主人公が世間に対して抱いている思い。なにもかも嫌になって叫び出す気持ちがリアルに再現されていた。

虐待の疑いをかけられた娘・ひいろを取り返したいヒロミツは、実母を間に立ててひいろと暮らし始める。愛情に飢えているひいろは少しずつ心を閉ざし始めヒロミツを苛立たせる。

ヒロミツはカネに困っているとはいえ、借金取りに追われたり犯罪に手を染めたりしているわけではない。働き始めた運送会社でも問題を起こすことなく過ごしているが、ひいろの面倒まではきちんと見切れていない。自分が生きるのに精いっぱいで子育ての余裕がないのだ。それでもひいろと離れているのは耐えがたい。自分が変わらなければならないとはわかっているのに、変わる勇気がない。一方で、勢いで抱いた女に妊娠を告げられたりする。負のスパイラルから脱出できない人生、それでも彼の決心ひとつで状況を打開できるのに、その一歩目が踏み出せない。ヒロミツの弱さは、貧困層から抜け出せない人々の共通した意識だろう。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

失業、虐待、育児放棄etc. ここには現代日本格差社会の底辺に属する人々の生活パターンとその思考回路が凝縮されている。未来に夢を持てなくなった責任は社会にあるが、大本の原因は彼らに勤勉さが欠けていることであるとこの作品は見抜いている。

監督     倉本朋幸
出演     郭智博/古田結凪/美保純
ナンバー     52
オススメ度     ★★★


↓公式サイト↓
https://2019.tiff-jp.net/ja/lineup/film/32JPS06

ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス

信号の赤は進めで緑は止まれ。空間の構造や建築物などは全体的には似ていて人々も相似形なのだが、ディテールは微妙に違う。物語は、現実世界と並行宇宙を行き来する能力を持った少女を狙う魔女と、全宇宙の秩序を守ろうとするヒーローの戦いを描く。魔女としてしか生きられなかった彼女が望んだのは家庭人としての幸せ。それを手に入れるためには少女と呪文の書が必要となる。少女を保護するために体を張るヒーローも複雑な事情を抱えていて、己の正義に絶対的な自信がない。価値観が多様化した時代のヒーローの自問自答はこれまでさんざんマーベルの世界で再現されてきたが、男と伍して戦ってきた女ヒーローも実は「子育てに専念する母親」という20世紀的なロールモデルに憧れているあたり、ジェンダー平等に疲れたフェミニストの本音がうかがえる。

一つ目巨大タコに襲撃される少女・アメリカを救ったスティーブンは、スカーレット・ウィッチとなったワンダに追われ別バースに逃れるが、そこで囚われの身となってしまう。

目くるめくような色彩と事象の洪水が、さまざまなバースを通り抜けるスティーブンとアメリカに降りかかる。元バースにいるワンダは魔術を使って別バースのワンダを操り、スティーブンを監禁している評議会を襲う。このバースのスーパーヒーローたちがワンダを阻止しようとするが、ワンダは圧倒的な破壊力で彼らを苦も無く血祭りにあげてしまう。このあたり、バース間にはヒーローの実力格差があるとうかがわせる。マーベルヒーローの大安売りという感じがしないでもないが。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

元バースにいるワンダの野望を阻止するために、別バースにいるスティーブンは死体となった元バースの自分を魔術で蘇らせてワンダの元に送り込む。ゾンビのスティーブンが死霊たちを味方にして魔女と闘うという、ホラー映画のパロディのような展開。「アベンジャーズ」後のマーベル映画の方向性と可能性を占う試金石ではあるが、俳優の肉体性よりもCG技術に頼る映画作りはそろそろ飽きてきた。

監督     サム・ライミ
出演     ベネディクト・カンバーバッチ/エリザベス・オルセン/キウェテル・イジョフォー/ベネディクト・ウォン/ソーチー・ゴメス/マイケル・スタールバーグ/レイチェル・マクアダムス
ナンバー     81
オススメ度     ★★★


↓公式サイト↓
https://marvel.disney.co.jp/movie/dr-strange2.html