こんな映画は見ちゃいけない!

映画ライター・福本ジローによる、ハリウッドの大作から日本映画の小品までスポットを当てる新作映画専門批評サイト。

どん底作家の人生に幸あれ!

f:id:otello:20210122095001j:plain

つらいとき哀しいとき寂しいとき苦しいとき、空想の翼を広げればすべてを忘れハッピーになれる。心の自由はだれにも奪えないのだから。物語は、裕福な家庭に生まれた主人公がさまざまな貧困を経験し、恋や友情を育てながら作家として成功する過程を描く。子供のころから作り話は得意だった。表現力をつけるために、印象深いフレーズや気の利いた会話の断片をメモに残した。やがて頭の中で作り上げたキャラクターに命が芽生え、ひとりでにエピソードが紡ぎ出されていく。同じ症状で悩まされている男から妄想を取り除くためにメモ用紙を張った凧を空に泳がせる発想は、作家という人種の想像力の豊かさを象徴していた。困難に直面しても、少し考え方を変えるだけでそれが這い上がるチャンスにもなりうるとこの作品は教えてくれる。

母の再婚相手から虐待された末、瓶詰工場に売り飛ばされたデイヴィッドは過酷な労働条件の下で成長し、叔母のベッツィを訪ねる。彼女の援助を受け、デイヴィッドは名門校に入学する。

デイヴィッドが子供のころに遊びに行った、難破船を逆さにした住居がユニークだ。きちんと防水処置は施されそれなりの居住スペースがあり家族で暮らしても快適そうだ。デイヴィッドもひと目で気に入る。この家の逸話はデイヴィッドの創作なのかと思っていたら、後に学生時代の親友と遊びに行って新たな事件を起こしたりする。その間、ベッツィが破産したり弁護士事務所に就職したりとデイヴィッドの人生は浮き沈みを繰り返す。貧しいときでも卑屈にならず、順風のときでも調子に乗らず、ひたすら人間観察を怠らず面白そうなネタを集めこれぞと感じたことは実行に移す。アイデアと体験、デイヴィッドの日常は、クリエイター業のヒントにあふれていた。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

その後、使用人の立場から成り上がったユライヤとの確執を経て、デイヴィッドはベッツィの財産を取り戻す。奇人変人善人悪人金持ち貧乏人etc. 個性豊かな登場人物に囲まれたデイヴィッドの冒険、まだまだ続きが知りたくなった。

監督  アーマンド・イアヌッチ
出演  デブ・パテル/アナイリン・バーナード/ピーター・キャパルディ/モーフィッド・クラーク/ヒュー・ローリー/ティルダ・スウィントン/ ベン・ウィショー/ポール・ホワイトハウス
ナンバー  210
オススメ度  ★★★


↓公式サイト↓
https://gaga.ne.jp/donzokosakka/

アンチ・ライフ

f:id:otello:20210121145213j:plain

環境は荒廃し、貧困層が最後の移民船に押し寄せる。だが乗船できるのはエリートのみ。物語は、恋人のコネを使って密航者となった若者が荒くれ者たちと共にエイリアンと闘う姿を描く。20数年後の未来だが、乗務員は勤務中にタバコを吸い酒を飲んでいる。ほとんどの移住者は冬眠中だが、起きたまま任務に就く警備・管理担当者の共用エリアはまるで安酒場のようなギスギスした空気が漂っている。単調で退屈な勤務、気を紛らわせる娯楽もない。テクノロジーの粋を集めたはずの星間宇宙船なのに、AIに監視・管理された清潔で快適だが居心地の悪い空間ではなく、人間の安っぽい感情が渦巻く混沌とした空間設計になっている。そこにあるのは、生き残りを許された人々の間にも格差があるという現実。移住先でも底辺で生きなければならない労働者階級の悲哀が凝縮されていた。

発射間際の移民用宇宙船に紛れ込んだノアは雑用係として古参のクレイの下に配属される。ある日、密かに持ち込まれた小動物が乗務員を襲い始め、襲われた者はゾンビ化する。

小動物は人から人に乗り移りゾンビを増殖させるエイリアンと判明、クレイらは武器を持って立ち向かうが銃器は効果がない。火炎放射器が有効とわかるが、押し寄せるゾンビに少しずつ追い詰められていく。このあたり、宇宙船内で発砲したり火炎放射して大丈夫なのかなどと考えてしまうが、クレイたちはお構いなしに攻めまくる。一方のエイリアンも少しずつ体を成長させいつしか人間をはるかに超えるサイズになっている。その雑な造形には思わず失笑を漏らしてしまった。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

人体が爆発するシーンは再現しないし、服を着たままの死体を解剖する。宇宙船内の構造も安っぽくストーリーも「エイリアン」にゾンビ物を加えただけの稚拙さ。もう少し企画の段階からきちんと練り直し、作品としてのクオリティを高める努力をしてほしかった。ブルース・ウィリスがなぜ出演したのが不思議。まあ、人間は他の惑星に行っても厄介な存在でしかないという主張には賛同したが。

監督  ジョン・スーツ
出演  コディ・カースリー/ブルース・ウィリス/カラン・マルベイ/レイチェル・ニコルズ
ナンバー  10
オススメ度  ★*


↓公式サイト↓
https://anti-life.jp/

聖なる犯罪者

f:id:otello:20210120100217j:plain

何気なく吐いた冗談がひとり歩きし、後戻りできなくなっていく。でも後悔はない、憧れていた職業だから。自分の善良さを証明できるかもしれないから。物語は、少年院を仮出所した少年が司祭になりすまし、小さな町の人々の意識を変えようとする姿を描く。見様見真似でだいたいの手続きは知っていた。わからないところはスマホで調べて急場をしのいだ。疑うことを知らない住民は、素直に言うことを聞いてくれる。やがて少年は彼らの中でタブーとなっている「事件の真相」を探り始める。もう結論が出ているのに蒸し返そうとする彼に有力者が釘をさす。その態度がさらに彼の疑念に油を注ぐ。身を欺瞞で固めた少年が真実を求めて戦う姿はむしろ滑稽で、欺かれ続けても無力な教会と住民の信仰は神の不在を象徴していた。

新たな職場に向かう途中教会に立ち寄ったダニエルは新任の司祭と勘違いされたのを幸いに、司祭になりすます。信者の信頼を得るうちに、この村で7人が死ぬ交通事故があったと知らされる。

少年院で神父の手伝いをしていたことから信者をごまかせる程度の知識はあるダニエル。犠牲者の慰霊碑で悲しみを噛みしめるばかりの遺族に、感情を爆発させることで前向きな気持ちになれると教える。地元の若者たちとも積極的に交流し、“いま風の司祭” というキャラを確立していく。だが、事故の原因を調べるうちに、1人の男だけが一方的に加害者にされていることに気づき、その男の名誉を回復しようと動き始める。調査すればするほど浮かび上がる小さな田舎町の闇、と言うほどでもないが、町の有力者が警察をも牛耳っていると思わせるあたり、ポーランド民主化レベルがうかがえる。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

加害者の無実を確信したダニエルは彼の葬儀をきちんとあげてやろうとする。それはもはや司祭の役目ではなく、人間としての責務。一方で、まっとうな人間としてやり直したいのに、その根幹が嘘で塗り固められている皮肉。ダニエルの葛藤は、神も人間も所詮は矛盾に満ちた存在であると訴えていた。

監督  ヤン・コマサ
出演  バルトシュ・ビィエレニア/アレクサンドラ・コニェチュナ/エリーザ・リチェムブル/トマシュ・ジェンテク/レシュク・リホタ/ルカース・シムラット
ナンバー  11
オススメ度  ★★★*


↓公式サイト↓
http://hark3.com/seinaru-hanzaisha/

43年後のアイ・ラヴ・ユー

f:id:otello:20210119132310j:plain

もう老い先短い身、親友との会話は成人病系薬の効能についての話題でしか盛り上がらない。離れて暮らす娘や孫のことは気になるが、このまま静かに人生の幕を閉じるのも悪くないと思っている。物語は、40年以上前に恋の炎を燃やした元女優がアルツハイマー症を発症したと知った老人が、彼女に自分を思い出させようと奮闘する姿を描く。短い期間だったけれど、心から愛し合っていた。お互いだけが相手を理解していると信じていた。だが、それは道ならぬ関係。それでも彼の心の奥で美しい思い出として鮮明に刻まれている。そして、彼女に同じ記憶を取り戻させることが最期の使命と、老人はあの手この手でアピールする。楽しかったこと、うれしかったこと、ときめいたこと……。それらを再現することで失われた認知機能は改善するのだ。

批評家のクロードは昔付き合っていたリリィが老人ホームに入居していると知り、自分も認知症を偽装して同じ施設に入居する。折を見てクロードはリリィに接近するが、リリィは彼を思い出せない。

今なお凜とした気品を保ち続けるリリィは、ホーム内でも男たちの視線にさらされている。彼女の夫は健在でたまに面会に来るが、リリィの反応は薄い。介護人も四六時中目を光らせている。そんな状況で、クロードはリリィが好きだった百合の花や音楽CDを贈り続ける。その間、クロードはふたりがどれだけ惹かれ合ったかを回想、喜びも悲しみも昨日のことのように覚えている。男は過去の恋を保存するが、女は恋を上書きする。雨ににじむ手紙の筆跡が男の未練と女の割り切りを象徴していた。まあリリィはクロード以外の男も認識していないようだったが。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

リリィの自我を回復させようとするのと同時に、孫娘との新たな関係を築いていくクロード。父親のスキャンダルのせいでハイスクールでハブられていた孫娘は、古典劇の主役を射止めて自信を取り戻す。ただ、その伏線がリリィの脳の刺激になるという展開は少し強引。無理に絡める必要はなかったのではないだろうか。

監督  マルティン・ロセテ
出演  ブルース・ダーン/カロリーヌ・シオル/ブライアン・コックス/セレナ・ケネディ/シエンナ・ギロリー
ナンバー  9
オススメ度  ★★*


↓公式サイト↓
https://movies.shochiku.co.jp/43love/

ハッピー・バースデー 家族のいる時間

f:id:otello:20210118082107j:plain

まじめだが融通の利かない長男。いい年をしてまだ夢を追っている次男。精神が不安定で何年も消息を絶っていた彼らの姉。決して仲が良いわけではない三姉弟が母親の誕生日に集う。だが、楽しいはずのパーティはハプニングとトラブル続きで気が休まる時間がない。物語は、郊外の邸宅に集合した家族の愛憎を描く。もう皆中年に差し掛かっているのに、社会人として通用するのは長男だけ。それでも、母親から見れば出来の悪い娘や次男の方がいとおしい。彼らに生活力がないのは甘やかしたツケなのに、やっぱり母親は彼らの面倒を見ようとする。一方で、長男は、常識を弁えた人間なのにカネに細かく冷たい印象。それぞれが己の権利と立場を主張して譲らず、家族間でも個人が尊重される。これがフランス流の民主主義の原点なのだ。

マドレーヌ70歳の祝宴に、長女のクレールが突然帰ってくる。自分の娘をマドレーヌに預けたまま3年以上行方不明になっていた彼女は、戻るなり屋敷の相続分の20万ユーロを要求する。

アーカイブ映像のために家族のありのままを撮影するロマンは、まともな作品もない自称映画監督。借り物の知識はあるが身についていない。いまだ大麻を吸い、兄・ヴァンサンのクルマで事故を起こしても開き直って逃走する始末。この、クレールとロマン姉弟の甘ったれた生き方がいちいち鼻につくが、そんな彼らでも許してしまうのが家族の絆。クレールが、自分の娘が連れてきたボーイフレンドの肌の色に拒否反応を示すあたりも、彼女に対する嫌悪感が増すばかり。どうしてここまで自己中で無責任になれるのか。彼女だけが父親が違うのだろう。精神の病だけでは説明がつかない闇を抱えているクレールの人生が興味深かった。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

一方で、マドレーヌの孫たちはまともに育ち、大いに誕生日を祝ってくれる。もう、大人たちの事情に気が付く年齢なのに、あえて無邪気に振舞っているような気の使い方を見せる。身近に反面教師のような血縁者がいると、子供はきちんと成長する見本のようだった。

監督  セドリック・カーン
出演  カトリーヌ・ドヌーブ/エマニュエル・ベルコ/ヴァンサン・マケーニュ/セドリック・カーン/ルアナ・バイラミ/レティシア・コロンバニ
ナンバー  8
オススメ度  ★★★*


↓公式サイト↓
https://happy-birthday-movie.com/

大コメ騒動

f:id:otello:20210116102206j:plain

米俵を小さな体に背負い、倉庫から浜まで運ぶ女たち。何度も往復し疲れ果てるほど働いても、米1日分の賃金しか得られない。なのに、彼女たちの苦労をよそに、米の値段はどんどん上がっていく。物語は、家事も子育てもしながら家計を支えてきた漁村の女たちの反乱を描く。読み書きができ論理的に考えることができるヒロインは行動力に欠け自信が持てない。リーダー格の老婆は肚が据わり気も強いがゆえに警察に狙われる。他の女たちは、生活苦は嫌だけれど自分の家族が食えているうちは穏便に済ませたい。そんな、 “個” としては弱い者たちが自らの意志を固め立ちあがる姿が凛凛しい。怒りを爆発させた女たちの突撃に男たちはおろおろするばかり、男女の立場が逆転した場面がコミカルかつ痛快だ。

夫が出稼ぎに出たまま戻らないいとは、近所の女房たちと共にシベリア出兵による米価格の高騰を嘆いていた。窮状を聞き付けた彼女たちのまとめ役・おばばに率いられて直談判に向かう。

勢いに任せて米屋に押し掛けようとしたものの、途中いとたちは不当逮捕された男の釈放を求めて警察署前で座り込むなど、組織としての統制はあまりとれていない。その後も、米屋によるいとたち不平派の切り崩しにあったりするなど、まだまだ怒りが沸点に達するところまではいっていない。このあたり、彼女たちは「失うものは何もない」というところまでは追い詰められてはいない。それでも、フェミニズムなどなかった時代に、漁村の女たちでも社会を動かせる力があると証明されたことは、男社会には大きな衝撃だったに違いない。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

いとたちが米の積み出しを阻止しようとして起きた騒ぎが、大阪で「女一揆」という暴動であると報道されると、新聞記者が派遣されてくる。取材データを本社に送ってもボツ、もっと煽情的な原稿をよこせと言われる。編集長が、より読者が喜ぶ記事を求めた結果、「コメ騒動」は全国に広がり、甲子園の前身大会が中止になったりする。民衆の不満が拡散する速さはSNSに匹敵するのだ。

監督  本木克英
出演  井上真央/三浦貴大/夏木マリ/立川志の輔/吹越満/鈴木砂羽/舞羽美海/左時枝/木下ほうか/吉本実憂/石橋蓮司/室井滋
ナンバー  7
オススメ度  ★★★


↓公式サイト↓
https://daikomesodo.com/

おとなの事情 スマホをのぞいたら

f:id:otello:20210115100125j:plain

着信音が鳴るたびに心臓が縮み上がる。妻にだけは知られたくない。夫には隠しておきたい。親友だからこそ打ち明けられない。そんな、それぞれが秘密にしていたことがひとつずつ暴露される。物語は、パーティに集まった3組の夫婦と独身男が、スマホの着信を公開し合ううちに人生の真実に迫っていく過程を描く。ちょっとした浮気くらいならよくある話。だが彼らの思惑とは別に、いつしかみな抱えている本音をさらしてしまう。お互いに言いたいことを我慢し、関係が崩れないように気を使っているのに、それを嘘つきと断じる若妻の生硬さ、大人になってもまだこんな人間もいるのかとあきれた。そして、頭では同性愛を理解しているつもりでも、実際に彼らが身近にいたときに心がついていかない人々の反応がリアルだった。

1年に一度開かれるお食事会のためにカフェに集まった男女7人。カフェ店長の妻の提案でスマホに隠されたプライバシーを他の全員に見せるゲームが始まる。さっそく独身塾講師のスマホに電話がかかってくる。

法律家には風俗嬢からのメール。法律家は同じ機種を持っている塾講師とスマホを交換、その場をしのごうとする。そこに、ゲイ青年からのビデオメッセージが届くと法律家にバイセクシュアル疑惑が湧く。その後も、配偶者以外の人々との秘め事が次々と明るみに出て、楽しいはずのパーティが気まずい空気に支配されていく。どこかで止めなければならないと思いつつも、最後までやめられない。彼らのやけくそ気味な好奇心が、それでも全部明らかにするまでは終わらせない。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

医者同士のセレブ夫婦にも、カフェ店長にも、塾講師にも、他人には知られたくない秘密があった。お互いに気づいていて気づいていないふりをしていたこともあった。他人に指摘されて始めた自分の本心が見えた者もいた。みな、秘密にすることで己の弱みを見せないようにしている。だが、それらをすべて取り払って本音で付き合える人間関係がいちばん美しいと訴える。まあ、現実はそうならないのだが。

監督  光野道夫
出演  東山紀之/常盤貴子/益岡徹/田口浩正/木南晴夏/淵上泰史/鈴木保奈美/室龍太/桜田ひより
ナンバー  6
オススメ度  ★★*


↓公式サイト↓
https://www.otonanojijo.jp/