こんな映画は見ちゃいけない!

映画ライター・福本ジローによる、ハリウッドの大作から日本映画の小品までスポットを当てる新作映画専門批評サイト。

映画大好きポンポさん

f:id:otello:20210611105809j:plain

今が充実している者にユニークなアイデアは生まれない。追い詰められてどこにも逃げ場がなくて、懸命にしがみついている者こそが、革新を成し遂げる。「幸福は創造の敵」という言葉に込められたクリエイターの心得は、大いなる希望を与えてくれる。物語は、撮影所の雑用係の若者が監督に抜擢され、新人女優と共に映画作りに奮闘する姿を追う。真面目で探求心旺盛だが、人を押しのけてまで自分を売り込む積極性はない。自己肯定感が低く、夢を思い描くことにすら引け目を感じている。そんな彼から才能を引き出すプロデューサーが発する金言の数々は、まさしく人生の道しるべ。仕事をこなしているだけではいけない、周囲に感謝を忘れず、日々不断の努力を続けている者だけが人の上に立てるとこの作品は教えてくれる。

プロデューサーのポンポからアクション大作の予告編作りを命じられたジーン。出来上がりを誉められたジーンは、ポンポが書いた脚本の監督に指名される。ヒロインには無名のナタリーが起用される。

今までに見た映画学んだ知識を総動員して演出プランを練るジーン。演技経験のないナタリーは人気女優の付け人となって基礎を学んでいく。そしていきなりのスイスロケ。キャストもスタッフも非常に優秀、時に的を射た意見にも助けられてジーンは撮影をほぼ予定通りにこなしていく。このあたりの、突然全責任を負わされる立場になった若者が退路を断って “やればできる” という自信を得ていく過程は、予定調和的だ。それでも現場の誰よりも働く彼の背中は、リーダーのあるべき理想を象徴していた。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

ところが編集作業に入ると今度は孤独な作業。膨大なショットの取捨選択すべてをジーンがひとりで決断し、再構成しなければならない。そして、決定的なシーンが欠けていることに気づく。監督のわがままはどこまで許されるのか、プロデューサーは寛大であるべきなのか。追加の費用はどうやって調達するのか。斬新な解決策が刺激的だった。なにより、上映時間が90分なのがクールだ。

監督  平尾隆之
出演  清水尋也/小原好美/大谷凜香/加隈亜衣/大塚明夫/木島隆一
ナンバー  105
オススメ度  ★★★*


↓公式サイト↓
https://pompo-the-cinephile.com/

グリーンランド 地球最後の2日間

f:id:otello:20210610192243j:plain

生物絶滅規模の災厄が間近に迫っている。生き残れるのは一握りのエリート。物語は、地球に降り注ぐ巨大彗星の破片から逃げながら安全なシェルターを目指す家族を描く。大統領令でシェルター避難民に選ばれた。同行できるのは妻と息子だけ。道路は大渋滞、なんとか基地までたどり着いても、輸送機に乗るまでにまた手続きがある。そして少しずつむき出しになっていくエゴ。選別されたのは社会的地位も意識も高い知識人・技術者のはずなのに、主人公も彼の妻も周囲の迷惑など省みずに自分たちの都合を優先させる。そのあたり、現実には自己犠牲で多くの人々を救うヒーローなど存在しないことを象徴する。その開き直りはかえって心地よかった。助からないとわかっていても志願して、粛々と任務を遂行する軍人たちの方がよほど高潔だ。

異次元から突如現れた彗星が隕石群となって地球に襲う。環境に決定的なダメージを与える隕石が衝突するのは48時間後、ジョンは妻・アリソンと息子・ネイサンを連れて避難所に向かう。

選別者の端末には大統領アラートが送られてくる。スマホのみならず自宅のTVにまで。パーティに集まったご近所さんは政府に見捨てられたと知って黙って帰宅する。それでも未練がましくジョンに縋り付く男や母親など、ありがちな反応ではあるが胸が痛む。ジョンは無事空軍基地にたどりつくが、輸送機を強引に止めてはぐれたアリソンとネイサンを探しに行く。そのせいで離陸し遅れた輸送機が暴徒に襲われ炎上したのに、ジョンはお構いなし。アリソンとネイサンも他人に選別者だと明かし自らを危険にさらす。己の愚かさで次々と災厄を呼び込む彼らは、もう少し危機管理意識を高めた方がいい。生き残るためには他の人々もまた善意や良心を捨てていることを知るべきだ。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

世界を救うような責任感のある男ではない。それでも、妻子だけは命に代えても守る。眉を顰めるような行動ばかりしているジョンだが、成功者だからといって必ずしも人格者ではないあたりがリアルだった。

監督  リック・ローマン・ウォー
出演  ジェラルド・バトラー/モリーナ・バッカリン/デビッド・デンマン/ホープデイビス/ロジャー・デイル・フロイド/スコット・グレン
ナンバー  101
オススメ度  ★★*


↓公式サイト↓
https://greenland-movie.jp/

ココ・シャネル 時代と闘った女 

f:id:otello:20210609092152j:plain

もはやファッションの枠を超えて歴史上の人物になった感のあるシャネル。女性をコルセットから解放し世界中に流行を発信し続けたにとどまらず、決して妥協しない生き方を示すことで世の中を変えるほどの影響力を持っていたことを映画は再確認する。一方で、シャネル自身が伝記作家たちに押し付けてきた “神話” を検証し、有名になる前の経歴詐称を暴いていく過程は非常に興味深い。親戚の家で家政婦をしていたというより、身寄りのない少女が誰の助けも借りずに成り上がったイメージを強調したかったのだろう。さらにユダヤ人実業家との対立とナチス協力。スパイとまではいかなくても、ドイツ軍からチャーチルとの交渉窓口として中立国に派遣された事実を明らかにするなど、デザイナーとしての職域を超えた行動は彼女の人となりを知るうえで非常に刺激的だった。

1895年、母の死と父の蒸発で孤児となったシャネルは、お針子や場末の音楽ホールでダンサー・歌手をしながら生計を立てていた。そこで裕福なバルサンの愛人になり経済的苦境から脱出する。

その後、カペルと知り合ったシャネルは帽子を大ヒットさせジャージー生地を用いた服で革命をもたらす。第一次大戦の影響もあり米国で大ヒット、一躍有名になったシャネルはセレブとの人脈を広げていく。この辺りは、シャーリー・マクレーンオドレイ・トトゥアナ・ムグラリスらが演じたシャネルの伝記でも語られている通り。だがこの作品はあくまでアーカイブから発掘した「公式」ではないシャネルの実像をあぶりだす。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

その最大のポイントはアーリア人至上主義だろう。ヒトラーの同類と見られても仕方のない身の処し方は大戦後パリ駐留米軍に香水を配った事実にも表れている。真実は、シャネル自身が語った過去とはかなり違う。スイスに亡命したのも、ほとぼりが冷めるのを待ったのだろう。そして伝説の復活ショー。パリでは酷評されたのに米国で絶賛され再評価されるという皮肉は、世界の中心が欧州から米国に移ったことを物語っていた。

監督  ジャン・ロリターノ
出演 
ナンバー  69
オススメ度  ★★★


↓公式サイト↓
https://www.bunkamura.co.jp/cinema/lineup/21_cocochanel.html
DATE  21/4/15

るろうに剣心 最終章 The Beginning

f:id:otello:20210608090245j:plain

後ろ手に縛られたままでも耳にかみつき、振り下ろされた刀をかいくぐって蹴りを見舞う。さらに口にくわえた脇差で腹を刺し、いましめを解いた後は20数人を一気にぶった斬る。噴出した血で壁も床も真っ赤に染まり、次々と息絶えていく侍たちを残して男は去っていく。幕末の京都、物語は長州藩の刺客となった剣豪の哀しい過去を描く。剣の腕前は超絶、人前では一切隙を見せない。無口だが志は高く、大義のためにはあらゆる犠牲をいとわない。そんな男がただひとり心を開いた女の素性はベールに包まれている。人殺しを生業にしている男と寄る辺ない女、お互いの孤独に通じるところがあるふたりは運命のように距離を縮める。「オロ」とも言わず、低姿勢回転もしない主人公の設定は、シリーズ中最高にクールだった。

桂小五郎の命令で佐幕派暗殺を繰り返してきた緋村は、浪人に絡まれていた巴を助けるが、刺客を斬殺するところを目撃されてしまう。巴を介抱するうちに緋村は彼女のやさしさに心をほぐされていく。

己に似た部分を感じあったふたりは、同じ部屋で寝泊まりする仲になる。一方で京都では新選組が勢力を伸ばし、池田屋事件では沖田総司と剣をまみえる緋村。佐幕派に狙われるようになった緋村を温存するために、桂は彼を巴とともに農村に隠棲させ、ふたりはつかの間の平穏な暮らしを送る。殺し合いとは縁のない、晴耕雨読の日々。緋村は巴のやさしさに触れ、幸せを見出していく。緋村以上に寡黙な巴の、憎んでいたはずの男を愛し始めた葛藤がリアルに再現されていた。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

内通者によって隠れ家がばれ、巴は拉致される。救出に向かった先で待っているのは幕府の忍者部隊。ただこのあたりからアクションが飛び道具や爆発に頼るようになり、緋村は抜群の身体能力を見せるよりも、いくらダメージを負っても絶対に死なない頑強な肉体の持ち主であることばかりが強調される。頬の十字傷の謎は解けたが、緋村がどんな修行をして剣術を身に着けたかは不明のまま。さらなる過去を知りたくなった。

監督  大友啓史
出演  佐藤健/有村架純/高橋一生/村上虹郎/安藤政信/北村一輝/江口洋介
ナンバー  100
オススメ度  ★★★


↓公式サイト↓
https://wwws.warnerbros.co.jp/rurouni-kenshin2020/

カムバック・トゥ・ハリウッド!!

f:id:otello:20210607094226j:plain

奇跡を信じて映画を作り続けてきたのに、神は一瞥もくれない。会いに来るのはヤバい筋の借金取りだけ、返せなければ命を取られる。物語は、撮影中に起きた死亡事故をヒントに新作をでっちあげ、詐欺を企む映画プロデューサーの苦闘を追う。主演俳優が死んで企画がポシャれば多額の保険金が支払われる。借金を帳消しにするだけでなく、莫大な儲けにつながると借金取りも乗り気になっている。プロデューサーが白羽の矢を立てたのは自殺願望が強い元西部劇スター。さっそくボツ山の中から脚本を掘り出し、監督選びを始める。主役を演じたロバート・デ・ニーロのテンションが異常に高く、人の命を何とも思わない悪趣味な設定をはしゃぎながら演じているあたりがなんとも不愉快だ。風刺が効いていないブラックコメディは1ミリも笑えなかった。

新作の酷評で資金難に陥ったマックスは、老人ホームにいるデュークを説得、次回作の撮影に入る。若い女性を監督に抜擢した意欲作を装い、田舎街に撮影隊を送り込む。

早々と撮影を打ち切りにしたいマックスは、デュークが落命するようにさまざまな仕掛けを施す。ところが、俳優魂を復活させたデュークは心身ともに充実、監督の期待以上の演技を見せる。このあたり、マックスの悪意がすべて裏目に出て結果的に素晴らしいシーンが出来上がるという皮肉は、本来ワクワクする体験のはず。だが、すべてが使い古された伏線とオチで全く意外性も新鮮味もない。言葉を理解する馬の後足で蹴られたマックスが吹っ飛んでいくショットなど、1970年代の雰囲気を出すためなのかわざと安っぽく仕上げている。スベりすぎてリアクションに困るコントを見せられているようだった。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

人を殺すために映画を製作するというアイデアがいつの間にか映画愛に変わっていく。その過程はいくらでも面白くできたはず。CGも特撮もなかった時代の “手作り感” は出ていたものの、レジェンドクラスの俳優3人を使っても一向に話は盛り上がらない。どうせなら “KILLER NUNS” をもっと見たかった。

監督  ジョージ・ギャロ
出演  ロバート・デ・ニーロ/トミー・リー・ジョーンズ/モーガン・フリーマン/ザック・ブラフ
ナンバー  99
オススメ度  ★★


↓公式サイト↓
https://comeback-hollywood.com/

ローズメイカー 奇跡のバラ

f:id:otello:20210602153814j:plain

手塩にかけた白バラは自信作だったのに時代遅れと評される。でも父から受け継いだバラ園は絶対に守ってみせる。物語は、業績不振のバラ園を経営する育種家が新たな品種を開発しようと奮闘する姿を描く。従業員は古参の女性と3人の素人。それでも、彼らは特技を持っている。セキュリティ厳重な生産場に侵入し、季節外れのバラを栽培し、墓参りに白バラを勧める。常識外れで奇想天外、誰もがひらめかなかった、ひらめいても実行に移さなかったビジネスモデルを構築することで現状を打破しようとする過程は創意に満ちている。花びらの色や形だけではない、開き方から葉の健康状態までチェックされ、さらにその香りには様々な種類がある。バラといっても非常に奥深い世界があることをこの作品は教えてくれる。

コンクールで受賞を逃したエヴは、人件費を抑えるためにフレッドたち職業訓練生3人を雇う。翌年のコンクールに向けて新作開発に着手したエヴは彼らの力を借りて、ライバル企業の花粉を盗み出す。

広々とした屋外の農園だけでなく、温室でも数種のバラを手掛けている。花屋で売っているような切り花ではなく接ぎ木された株が地面から生えている。種をまき、苗を育て、地植えし、収穫するまで壮大な時間と手間がかかっている。植物を美しく成長させるために人は何をすべきか。完全に近代化されたライバル企業の「バラ工場」とは違い、エヴの農場は生き物を相手にするときの愛情がこもっている。世話をする人の思いが強い分、エヴが生産するバラには濃厚なエッセンスが詰まっているようだった。春夏秋冬をワンショットに収め、1年の流れを表現するシーンが素晴らしい。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

順調に伸びていたいた新種のバラは突然の雹で全滅する。資金繰りも万策尽き、もはやライバル会社に買収されるしか道は残されていない。そんな時に起きた奇跡。エヴがフレッドに贈った花言葉の本と押し花に込められたメッセージは、花を愛でる者だけが持つ繊細な感情、なによりも他者への思いやりに満ちていた。

監督  ピエール・ピノ
出演  カトリーヌ・フロ/メラン・オメルタ/ファッシャー・ブヤメッド/オリビア・コート/マリー・プショー/バンサン・ドゥディエンヌ
ナンバー  97
オススメ度  ★★★


↓公式サイト↓
https://movies.shochiku.co.jp/rosemaker/

アオラレ

f:id:otello:20210601134328j:plain

丁寧に声をかけたのに。マナーについて話がしたかっただけなのに。返ってきたのは侮辱の態度。忍耐の限界を超えた男は、たまりにたまった憤怒に点火し、失礼な女を執拗に追い始める。物語は、信号待ちでの些細なやり取りが原因で起きた死のあおり運転を描く。渋滞にはまったドライバーはみなイライラしている。少しでも車間が開くと割り込んでくるクルマにも腹が立つ。とにかく我先に前に進みたい。思いやりや寛容の精神を亡くした人々は、不満のはけ口を常に求めている。ほんとうは善良な人間だったのだろう。競争に負けて自信を失ったのだろう。そしてわずかに残った人間としての尊厳も踏みにじられたと感じたのだろう。男の怒りの矛先が勝ち組のエリートではなく、同じ階層の女に向かうあたりが、米国の格差問題の根深さを象徴していた。

青信号で発進しないピックアップトラックにしびれを切らしたレイチェルは、威嚇的なクラクションを鳴らす。次の信号で横に並んだトラックの男はもう少し礼儀正しくしろと彼女をたしなめる。

男を無視した上に逆切れしたレイチェルはそのまま走り去り給油所に寄るが、いつの間にか男に追いつかれスマホを奪われている。主導権を握った男はあおり運転だけではなく、本格的にレイチェルの日常そのものを破壊しにかかる。このあたり、スマホにきちんとロックをかけていないと、他人の手に渡った時に無関係な人まで巻き込む危険を示唆する。男の暴走は止まらず、レイチェルを始末するために家族でもない人が巻き添えになる。いまや男の憎悪の対象は社会のすべて、警官ですら止められない。レイチェルは自分が決着をつけなければと、男を迎え撃つ決意をする。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

映像は、ステアリングを握る人間の心理だけでなく、小さな不幸が積み重なった人々の行動がディテール豊かに再現されている。もしレイチェルが上等のスーツを着て高級車に乗るような人種だったら、見下された男に共感していたかもしれない。車載カメラと警報発信機は必須装備だと改めて思った。

監督  デリック・ボルテ
出演  ラッセル・クロウ/カレン・ピストリアス/ガブリエル・ベイトマン/ジミ・シンプソン/オースティン・P・マッケンジー
ナンバー  96
オススメ度  ★★★


↓公式サイト↓
https://movies.kadokawa.co.jp/aorare/