こんな映画は見ちゃいけない!

映画ライター・福本ジローによる、ハリウッドの大作から日本映画の小品までスポットを当てる新作映画専門批評サイト。

ダウントン・アビー 新たなる時代へ

屋根を修繕する費用が工面できず、雨の日はたらいを屋根裏に並べている。大邸宅と大家族、何より貴族としての生活水準を維持するためには莫大な費用がかかる。先祖から受け継いだ財産を売り渡したくはない。使用人たちを解雇するわけにもいかない。そんな時に舞い込んだ意外な幸運。物語は、英国貴族の一族が直面した異文化との衝突を描く。屋敷に乗り込んできた銀幕のスターは、品格はなくとも女王のように振舞う。地中海では60年以上も前に燃え上がった恋が蒸し返される。異なった価値観をもつ同じ言葉をしゃべる人々と、価値観は共有できても気候風土が違う国の人々との出会いは、一族に新しい風と吹き込んでいく。歴史と格式、そして伝統を守るためには変わり続けなければならないと彼らの判断と行動は訴える。

屋敷を映画のロケ地として貸し出すことにしたメアリーはハリウッドからの撮影隊を受け入れる。英国出身の監督はマナーを心得ているが、主演女優のマーナは英国人を見下した態度をとる。

時代はトーキーへの過渡期、マーナは発声が悪いため同時録音には向いていない。自信を無くし不機嫌になっていくマーナを、彼女のファンだという使用人がなだめようとする。庶民の生まれでもセレブに成り上がれる米国と身分がほぼ固定された英国。チャレンジ精神を重んじる新しい国との、自由と民主主義の差が印象的だった。音声を別録して映像と合成できる技術があるのなら、最初からすべてアフレコにすれば解決したはずだが、そのあたりの発想は当時なかったのだろうか。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

一方、南仏侯爵のヴィラ相続で現地を訪れたロバートに対し、侯爵の母は、自分たちの財産を横取りされる不機嫌を隠さない。英国貴族ならばもっと遠回しに皮肉の効いた言葉を選ぶだろう。本心をなかなか明かさない英国人に対し、フランス人や米国人は己の感情をはっきりと相手に伝える。どちらがいいと比較するのはナンセンスだが、異文化と接するときはストレートでいいと思う。特にグローバル化の進んだ現代では。。。

監督     サイモン・カーティス
出演     ヒュー・ボネビル/ローラ・カーマイケル/ジム・カーター/ジム・カーター/ミシェル・ドッカリー/マギー・スミス/ヒュー・ダンシー/ローラ・ハドック/ナタリー・バイ/ドミニク・ウェスト
ナンバー     147
オススメ度     ★★★*


↓公式サイト↓
https://downton-abbey-movie.jp/

犬も食わねどチャーリーは笑う

家事をまったく手伝わない夫にいら立つ妻は、投稿サイトでうっ憤を晴らしていた。物語は、恋愛結婚して4年になる夫婦が迎えた危機を描く。すっかり変わってしまった妻にげんなりする夫。全然気持ちを理解しようとしてくれない夫にうんざりする妻。お互いがきちんと向き合おうとせず、話題を避けているうちにいつの間にか修復できないほど溝が広がっている。出会った頃はあんなにかわいかった。うんちく話を面白そうに聞いてくれた。思い出に浸るたびに夫も不満が募っていく。一方の妻は、ストレスフルな職場で心が折れかけているのに、家に帰って夫と顔を合わせても孤独しか感じなくなっている。わずかなすれ違い、1つのボタンの掛け違い。それだけで、結婚などという契約は簡単に破綻に向かう。その現実がコミカルに再現されていた。

「旦那デスノート」というサイトに思い当たる事柄が書きこまれているのを知った裕次郎は、妻・日和の仕業と確信する。日和のコメントは人気を呼び出版社が書籍化を提案してくる。

裕次郎は職場の後輩のマリッジブルーに付き合ったり女子店員に色目を使われたりと、家の外では多忙ながらも充実した日常を送っている。それでも日和のコメントが更新されるたびに思わず見てしまい、気分の晴れない日が続く。日和もオフ会で一緒になった蓑山裕次郎の行動を見張らせたりする。もはや相手のあら捜しばかりしている夫婦。片付けをしなくなった日和のせいで彼らのアパートが散らかり放題になっていく過程は、アレクサでは解決できないこの夫婦の複雑にこじれてしまった感情が象徴されていた。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

セックスレス期間の話題で「私は5年」と唐突に割り込んでくる蓑山の図々しさをはじめ、日常の些細な、それでいて共感できるエピソードの数々がディテール豊かに表現されていて、思わず脱力した。もちろんいい意味で。あと、“パフェの語源はパーフェクト” というセリフは「窓辺にて」でも稲垣吾郎扮する主人公が口にしていたが、新しい地図ではやっているのか?

監督     市井昌秀
出演     香取慎吾/岸井ゆきの/井之脇海/的場浩司/眞島秀和/浅田美代子/余貴美子
ナンバー     182
オススメ度     ★★★


↓公式サイト↓
https://inu-charlie.jp/

秘密の森の、その向こう

森の中で声をかけてきた女の子は、自分に似た風貌をしている。初めて会ったのに他人とは思えない。名前をたずね家に遊びに行くと彼女が誰だかを理解する。物語は、遺品整理のために祖母の家に滞在した少女が体験する、不思議だけれど暖かい時間の歪みを描く。枯れ枝を組んだ秘密基地、古いボードゲーム、クレープ作りetc. 無邪気な遊びを通じて2人はすぐに仲良くなる。些細な現象に嬌声をあげ、見つめあうと意思が通じる。まるで双子の姉妹のようにお互いの気持ちが手に取るようにわかる。秋深く紅黄の葉が色を増す木々と地面、どんよりと曇った空、最低限の光しかない室内。気分を重くさせるような風景の中で、ミニマルな世界に浸って友情の絆を強めようとする幼い少女たちは無邪気な輝きを放っていた。

両親と共に死んだ祖母の家を訪ねたネリーは、母・マリオンから少女時代のノートなどを見せられる。翌日、マリオンが急に姿を消すが、ネリーはマリオンという同世代の女の子と知り合う。

ネリーはすぐに彼女が子供時代のマリオンだと気づき、それを口にする。遺伝性の病気の手術を直後に控えているマリオンは、不自由な生活が待っているかもしれないと思うと不安で仕方がない。マリオンは未来の自分がどうなっているのかとネリーに問う。だが、健全なネリー自身が、マリオンの人生に不都合のなかった証拠。ネリーはマリオンに寄り添うことで、マリオンはネリーに心を開くことで、「森の外」という現実世界では省略されていたお互いの思いを伝えるようとする。少女たちが戯れているだけなのに、そこにあふれる感情は無限の信頼と愛情に満ち溢れていた。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

マリオンの母、つまりネリーの祖母は足が悪く杖をついている。ネリーは祖母の遺品の中から杖を持ち帰っている。祖母、母、娘。母系にのみ伝わる「腹を痛めて産んだ子」というつながり。それは女だからこそ実感できる命の継承なのだ。ジェンダーフリーが叫ばれる時代で、あえて母性本能をテーマに据えた映像は、母の温もりを思い出させてくれた。

監督     セリーヌ・シアマ
出演     ジョセフィーヌ・サンス/ガブリエル・サンス/ニナ・ミュリス/マルゴ・アバスカル/ステファン・バルペンヌ
ナンバー     181
オススメ度     ★★★


↓公式サイト↓
https://gaga.ne.jp/petitemaman/

LAMB ラム

猛吹雪の夜、唸り声が山から下ってくる。馬の群れは脅えて道をあけ、家畜小屋では羊たちがパニックになる。物語は、人里離れた高地で牧羊を営む夫婦に訪れた幸福を描く。羊から生まれた生き物を我が子として育てている。赤ちゃんに接するように哺乳瓶で授乳し毛布にくるんで抱っこする。まるで本物の母子のように愛情で包まれている。夫も彼らを見守り家族の絆を結んでいる。そんな時やってきた夫の弟。どんよりとした湿り気と冷たさを持つ映像は、悲しみに満ちた人生にやっと希望を見つけた夫婦の未来が決して明るいものではないと暗示する。出産を手伝う夫婦が羊の子宮から引っ張り出した逆子を見た瞬間に目を合わせただけで合意するシーンは、彼らの落胆がいかに大きく、その意識を共有していたことを象徴していた。

イングヴァルとマリアは羊から生まれた生物にアダと名付け、自分たちの寝室で育て始める。アダは順調に成長するが、母羊がアダを探して寝室の窓の下で鳴き、何度追い払っても戻ってくる。

その後、イングヴァルの弟・ペートゥルが訪ねてくる。夫婦がアダと暮らしているのを見て驚くが、すぐに状況を飲み込みアダとも仲良くなる。5歳児ぐらいの身長になったアダは背筋を伸ばして二足歩行し、椅子に座ってテーブルで食事する。表情が乏しく考えていることはわからない。言葉は通じるが口にはしない。それでも、鏡に映った姿を見て、両親よりも家畜小屋の動物に似ていることは理解している。驚きと戸惑い、なによりアイデンティティを疑い始めたアダが、その小さな背中で感情の揺れを表現するシーンが印象的だった。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

子供に早逝された経験を持つ夫婦にとって、アダという愛を注ぐ対象を見つけた時間はかけがえがない。他人の目を気にする必要もない。一方で、母性本能を銃弾で砕くのは人間の傲慢さでもある。人間の愛情は家畜の命より優先されるのか、先天的な特異や異常に対してはどう接するべきか。価値観を押し付けず、あくまで見る者に判断を委ねる姿勢が心地よかった。

監督     バルディミール・ヨハンソン
出演     ノオミ・ラパス/ヒナミル・スナイル・グブズナソン/ビョルン・フリーヌル・ハラルドソン
ナンバー     179
オススメ度     ★★★*


↓公式サイト↓
https://klockworx-v.com/lamb/

渇きと偽り

川は涸れ湖は干上がり森は緑を失い農地には土埃が舞いシャワーからは泥水が出る。1年近く雨が降らない小さな田舎町、旱魃はそこに住む人々の心からも潤いを奪っている。物語は、親友だった男の一家無理心中に直面した上、20年前についた嘘とも対峙しなければならなくなった捜査官の苦悩を追う。町には新人警官がただひとり、証拠に疑問を持っている。捜査に協力するうちに、親友とその家族が死ぬ理由につじつまが合わない部分を見つける。さらに関係者に事情聴取するうちに、意外な人物が浮かび上がる。だが、捜査官は封印された記憶と閉鎖的な人間関係に、次第にがんじがらめにされていく。豊かな水に恵まれていた高校時代と干からびてしまった現在が主人公の心象風景と重なる。その鮮やかな対比が、失われた青春と友情のはかなさを象徴していた。

妻子を射殺し自殺したルークの葬儀のため帰郷したアーロンは、元同級生・グレッチェンと再会、ルークを悼む。一方で、地元警官のレイコーはルークが使った銃弾の種類が違うと気づく。

アーロンはあくまでレイコーを手伝う立場で、捜査官としての権限は使えない。高校時代に女友達・エリーの死にかかわったことが知られているアーロンにとって地元は居心地が悪い。露骨に嫌悪感を示し妨害する者もいる。それでも、ルーク家の経済状態を調べるうちにアーロンの疑念は大きくなっていく。小さな手掛かりから一歩ずつ真相に近づいていく過程はスリリングかつミステリアス。地域社会で一度嘘つきと認定されたら二度と信用を取り戻せない、そんなアーロンのもどかしさがリアルに再現されていた。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

レシートの裏に書かれた名詞や監視カメラの映像から容疑者を絞り込むアーロン。さらにグレッチェンのアルバムからも新事実を見つける。結果的にアーロンは町を救い事件を解決する。そして見つけたエリーの思い出。アーロンはさらに過去に向きあう勇気を絞り出す。真実こそが、図らずも死んだ人々の無念を慰めると、アーロンの眼差しは訴えていた。

監督     ロバート・コノリー
出演     エリック・バナ/ジュネビーブ・オライリー/キーア・オドネル/ジョン・ポルソン/ジョー・クローチェック/クロード・スコット=ミッチェル/サム・コーレット/ベベ・ベッテンコート
ナンバー     180
オススメ度     ★★★★*


↓公式サイト↓
http://kawakitoitsuwari.jp/

ヘルドッグス

殴る蹴る投げる絞める。体格でもパワーでも大きく勝る中国人に、圧倒的なスピードとテクニックで対処する男。その首をへし折ってとどめを刺す。物語は、ヤクザ組織トップのボディガードになった潜入捜査官の葛藤を追う。日々トレーニングを怠らず命令されれば容赦なくターゲットを始末する一方で、過去の失敗に対し強い贖罪意識に苛まれている。組織対組織の駆け引きと裏切り、組織内での競争と嫉妬、そして最高のバディをだまし続ける苦悩も抱えている。ひとつ間違えれば、その先にあるのは凄惨な死、常に最悪の事態に備えて準備しなければならない。主人公を演じた岡田准一の抜群の運動神経が躍動感あふれる映像からほとばしっていた。村上春樹の「1Q84」に出てきた暗殺方法が披露されるが、本当に一撃で音もなく相手を殺せそうだ。

汚れ仕事専門の兼高と室岡は、十朱の護衛を任される。十朱は若いが頭も切れ、関西ヤクザの内紛に乗じて勢力拡大を企むが、交渉の席で暗殺者に命を狙われる。

関西ヤクザ側の陰謀を知った十朱は防戦体制を固め、兼高と室岡も武器を手に襲撃部隊に応戦する。拳銃小銃入り乱れる派手な銃撃戦。その際戦死した十朱の秘書の葬儀は手が込んでいて非常にユニークだった。秘密の地下礼拝堂のような場所で参列したヤクザたちがヴェルディのオペラ曲を合唱したり、ジョジョ(仗助)頭和服の未亡人が挨拶したり。特に坊さんを斎場に招くための偽装には笑ってしまった。表立って葬儀も上げられない現代のヤクザは、こんな見送られ方をするのだろうか。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

ただ、登場人物のセリフが聞き取りづらく何を言っているのか意味不明。おかげでヤクザ組織全体の人間関係がよくわからない上、彼らが具体的に何をしようとしているかも想像するしかない。アニメのように全部セリフで説明しなくてもよいが、モヤモヤ感ばかりが募っていく。短いショットの連続は言葉よりも画の力や構成で見せるという監督の思想が伝わってくるが、何度か朗読された詩くらいはきちんと理解したかった。

監督     原田眞人
出演     岡田准一/坂口健太郎/松岡茉優/MIYAVI/北村一輝/大竹しのぶ/金田哲/木竜麻生/酒向芳/赤間麻里子
ナンバー     178
オススメ度     ★★*


↓公式サイト↓
https://www.helldogs.jp/

川っぺりムコリッタ

こんな自分が世間に受け入れられるだろうか。そう思いながら暮らし始めた平屋のアパートに住んでいるのは世間からはみ出した人々。物語は、元服役囚が新しい環境で人間関係を築いていく過程を描く。大家は若くて美しい未亡人、隣人は図々しく勝手に部屋にあがってくる。いつも黒い服を着ている父と息子は礼儀正しいが熱量低め。植物に水やりをしているおばあさんはもう死んでいる。皆、居場所はこのアパートしかない。だからこそ、困っている時は助け合う。カネはないけれど分かち合う。距離感は近いけれど肉親ほどの愛憎はない。お互いを気遣いながらも、それぞれの過去には深入りしない緩やかな共同体。格差の底辺にいるような生活なのに友人が多い、ミニマリストを自称する隣人のたくましさが強烈だった。

イカ加工工場で働き始めた山田は川沿いの小さなアパートを借りる。なるべく人とのかかわりを避けていたが、ほどなく島田が風呂を借りに来るようになり、ついでにご飯も食べていく。

時々、庭でとれた新鮮な野菜を島田はくれるのだが、いつの間にか山田が部屋にいる間はほとんど山田に付きまとっている。最初こそ迷惑そうにしていた山田だったが、そのうちそれを当たり前に受け入れている。両親の愛に恵まれず育ち友人も少ない山田にとって、島田は貴重な話し相手なのだろう。一方、島田も善良な人間なのだが、他人への配慮は欠いている。ムロツヨシが演じるとコミカルなキャラというより、どうしても気持ち悪い変質者のように見えるが、もう少し普通のアプローチでよかったのではないだろうか。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

幽霊が出たり墓石売りがいたり、山田自身も孤独死した父の遺骨を引き取っているなど、このアパートは非常にあの世と近い距離にある。最期まで父と意思の疎通ができなかった山田は、せめて成仏できるように散骨しようとする。もっと生きようとしていた父とは、何か話せたはずだ。ユニークな環境で父の思いを想像できるようになった山田の変化は、人との絆が人生を豊かにすると訴える。

監督     荻上直子
出演     松山ケンイチ/ムロツヨシ/満島ひかり/江口のりこ/田中美佐子/柄本佑/薬師丸ひろ子/笹野高史/緒形直人/吉岡秀隆
ナンバー     177
オススメ度     ★★*


↓公式サイト↓
https://kawa-movie.jp/