こんな映画は見ちゃいけない!

映画ライター・福本ジローによる、ハリウッドの大作から日本映画の小品までスポットを当てる新作映画専門批評サイト。

東京2020オリンピック SIDE:B

強行するか延期にするか。“現実を直視して愛せ” の言葉に象徴される、ここまで来たのに今更引き返せるかという固い決意が会議出席者全員で共有される。開催費用はすべて税金、決して自腹を切らされることのない無責任体質が凝縮されていた。映画は、コロナ禍のなか開催された東京五輪の事務方たちの葛藤を追う。既存の施設を有効利用せず、競技団体の要請に応じるままに次々と大きな箱モノが建設されていく。委員会のオッサン・オバハンたちはそれが正しいと信じ、膨れ上がった大会経費には関心を寄せない。さらに金満五輪の権化ともいうべきIOC会長のたびたびの来日。当初の宣言通りコンパクトな大会ならこれほどの批判は受けなかっただろう。だが組織委員会出席者たちの悪相を見ていると、やっぱり失敗だったという感想は否めない。

競技会場や関連施設が次々と出来上がるが、2020年3月、世界的パンデミックで1年延期が決定される。すでに来日していた南スーダン選手団は前橋市で身動きが取れなくなる。

延期が決まるとパートナーシップ契約を解除しようとする企業が出始める。その対処法を森喜朗に記者が問うと、“バッハ会長がチャーター機で来日したことに共感しろ” と答える。日本側に湯水のようにカネを使わせる男がまたもチャーター機で来日することへの国民の反感を全く理解していない森の的外れな回答には思わず失笑してしまった。女性は話が長い発言で上げ足を取られて記者会見でキレ、森は組織委員長を辞任する。結局開催反対派も、首相時代の歴代最低の支持率だった森に対するある種のうさん臭さを感じ取っているのだろう。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

頑張ったスタッフや選手の姿をあえて感動的にとらえることはせず、開閉会式チームの空中分解やバッハ広島訪問への抗議活動、バドミントン百田、水泳瀬戸、400mリレーなどの惨敗をあえて取り上げる。だが、全体的にテーマとしてまとまっているわけでもなく取り留めのない印象。この映画も、東京五輪の負のレガシーとして受け入れるしかないのだろうか。

監督     河瀬直美
出演     
ナンバー     117
オススメ度     ★★★


↓公式サイト↓
https://tokyo2020-officialfilm.jp/

炎の少女チャーリー

目を見て念を送れば相手の意思を操れる父。手を触れなくても物体を動かすことができる母。そんな彼らの娘は、さらに恐ろしい能力を生まれながらに持っている。物語は、フラストレーションを感じると発火現象を起こす少女と彼女の父が、武装した政府系組織と戦う姿を描く。各地を転々として息をひそめるようにして生きてきた。だが、悪童に絡まれた少女が学校で発火したことから居場所がばれてしまう。捕まればラボに閉じ込められ研究材料にされる。自分たちは選んで異能力者になったが、娘は生まれつき。赤ちゃんの頃からミルクやおしめのたびにベビーベッド周りに火が付くという恐怖と戦ってきた両親の苦悩がリアルに再現されていた。娘を生け捕りにするために雇われた殺し屋の無慈悲な表情が、特殊能力を手に入れた者の悲哀を象徴していた。

田舎町で両親とひっそり暮らしていたチャーリーは、感情を抑制できず学校のトイレを燃やしてしまう。すぐに殺し屋が送り込まれ母が殺されるが、間一髪、父のアンディとともに難を逃れる。

追跡を避けるために一家はパソコン・スマホといった電子通信機器を一切使わないという設定。クルマも非常に古い型。デジタル化が進むほどアナログの方が見つかりにくいという皮肉が効いていた。逃避行中に拾ってくれた男のピックアップトラックも電子制御などない代物だ。情報社会に取り残されても特に不自由を感じずに生きている人々が米国の田園地帯にはまだまだいるのだろうか。それでも、アンディが指名手配されたことから、またしても警察と殺し屋に追いつかれてしまう。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

アンディが監禁されているラボを目指すチャーリーは、誰にも教えてもらっていないはずなのにサバイバル能力に目覚め、ラボに潜入。捜査官を脅したり、監視カメラをかいくぐってアンディの元に到達する。そもそもハイテクとも他人とも距離を置いていたのに、チャーリーはなぜかその盲点を知り、立ちはだかる大人たちの悪意を瞬時に見抜く。その、自律した成長能力こそ恐ろしかった。

監督     キース・トーマス
出演     ザック・エフロン/ライアン・キーラ・アームストロング/シドニー・レモン/カートウッド・スミス/ジョン・ビーズリー
ナンバー     115
オススメ度     ★★*


↓公式サイト↓
https://www.universalpictures.jp/micro/firestarter

三姉妹

姉は小さな花屋を営んでいるが、母娘関係はうまくいっていない。妹は劇作家を気取っているが、執筆より飲んでくれてばかり。物語は、高級マンションに暮らす主婦が、姉妹の絆に翻弄されながらも、自分の人生と家族との関係を見直していく過程を描く。商売が繁盛しているとは言えない姉はがんを患っている上、娘はパンクにはまって反抗期真っ盛り。酒を飲んでは周囲に迷惑と不機嫌をまき散らす妹は、今日も誰かに絡んでいる。そんな中、ひとり成功した女を演じ続けている次女は、幼い娘をしつけられない上に夫の浮気現場を目撃してしまう。思い通りにならず、不愉快ことばかり起きる日々。それでも、大ごとにならないように必死で取り繕っている彼女たちのやせ我慢が、時に切なく、時にいとおしく、時に滑稽だった。

高級マンションに引っ越したミヨンはコーラス隊の若い女と夫の関係に気づく。筆が進まないミオクは誰彼となく電話しては当たり散らしている。ヒスクはひとり娘との間に会話すらない。

ほとんどプータローのような暮らしを続けるミオクはぐうたらと昼頃まで寝て、スナック菓子と酒を手放さない。家事は一切しない上、夫の心配などお構いなしで勉強中の継子の邪魔をしたりする。見かねたミヨンが食事に誘うと、椅子に立膝で座り非常に行儀の悪い食べ方をする。当然肌は荒れ体の線は崩れている。夢破れたのに気づきながらも頭の切り替えができないまま中年になってしまった女の甘ったれた姿は、過酷な競争社会と喧伝された韓国も意外と緩いことを教えてくれる。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

継子の進学の一件で母性に目覚めたミオクが急に食事の用意をして夫と継子に食べさせるが、彼女がテーブルを離れたすきに彼らはキムチで味を変える。また、ミヨンのクルマに同乗したヒスクの娘が、己の体型を棚に上げミヨンの息子をデブとけなす。このあたり、明らかに家族や子育てに失敗した三姉妹の日常に潜むほのかな笑いが丁寧に掬い取られていて、うんざりするほど低調な映像に絶妙の光明をもたらしていた。

監督     イ・スンウォン
出演     ムン・ソリ/キム・ソニョン/チャン・ユンジュ/チョン・ハンチョル/ヒョン・ボンシク
ナンバー     114
オススメ度     ★★★*


↓公式サイト↓
http://www.zaziefilms.com/threesisters/

バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版

モニターの向こうで男が突然死した。足首には歯型のような傷がある。体内からは狂犬病のウイルスが検出された。明らかに事件の匂いがする。物語は、遺族から真相究明を請け負った探偵と助手がさらなる謎と封印された過去を解く過程を描く。大金持ちだった男は、娘の不可解な誘拐事件の調査を依頼していた。山奥の廃坑に隠した金庫に現金と遺書を保管している。野生動物用の罠に守られた金庫は本人しか開けられない。仕掛けられたさまざまなトリックと張り巡らせた伏線。暗闇から現れた黒犬の目が光を反射しているのならまだしも、自ら赤く発光している安っぽさが、迷信を信じている者の思考パターンと恐怖をリアルに再現していた。その心理に付け込んだトラップが興味深かった。他人の人生を奪った罰は、命でしか贖えないのだ。

瀬戸内海の小島の中腹に建てられた豪邸に呼ばれた獅子雄と若宮は、蓮壁の妻、娘、息子、秘書、地震学准教授、リフォーム業者ら屋敷に出入りしていた人々の人間関係を洗う。

娘の紅は母や弟とうまくいっておらず家族の中で孤立している。豪邸に出入りするリフォーム業者は不必要なほど何度も見積もりを取る。准教授は紅に片思いしている。秘書は言葉少なに観察している。誰もが腹に一物を抱えていて、獅子雄は若宮を使い彼らの本音をあぶりだしていく。その過程で見せる抜群の観察力はほんのわずかな違和感を見逃さず、卓越した洞察力はそこから導かされる真実を容易に見透かす。科学捜査の発達した時代でも、警察が動けないグレーゾーンの犯罪ならばまだまだ名探偵が活躍する余地があるのだ。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

その後、ひとりで廃坑に行った息子が死に、20年前に起きた赤ちゃん誘拐事件の顛末が明らかになると、事態は急変する。今さら事実を公表しても誰も信じてくれないだろう。だが、悲しみや怒り、恨みは晴らさなければならない。人を呪わば穴二つの覚悟もできている。そんな中、娘が生きていると信じて小学校から高校までの学用品を揃える親の思いが非常に切なかった。

監督     西谷弘
出演     ディーン・フジオカ/岩田剛典/新木優子/広末涼子/村上虹郎/渋川清彦/西村まさ彦/山田真歩/佐々木蔵之介/小泉孝太郎/稲森いずみ/椎名桔平
ナンバー     113
オススメ度     ★★*


↓公式サイト↓
https://baskervilles-movie.jp/

峠 最後のサムライ

列強ひしめく欧州で中立を守ったスイスをモデルに、内戦中の日本で調停役となろうとした小藩の家老。そのためには武器を揃え兵を鍛えいざというときは実力行使も辞さない心構えが必要とされる。物語は、戊辰戦争中、新政府軍と旧幕府軍の仲介役に徹しようとした男の理想と現実を描く。藩と領民を守るためには敵に頭も下げる。粘り強く何度も嘆願する。それでも決裂すれば一戦構える覚悟、命の使い時と腹をくくっている。そして、圧倒的な兵力差があっても、不退転の意志で最後まで抵抗を続ける。大砲、小銃からガトリング砲まで、19世紀の兵器で戦闘が行われている中、もはや戦闘では使い道のない刀を手放さない武士たちの時代錯誤な矜持が哀しい。紛争を話し合いで解決するなど絵に描いた餅、平和を追求するためには武力が必要と主人公の背中は訴える。

旧幕府側についた長岡藩の家老・河合は戦さに巻き込まれないよう新政府軍の司令官に嘆願書を渡そうとする。だが交渉は不調、河合は長岡軍に戦闘の準備を命じ、新政府軍を迎え撃つ。

鳥羽伏見より戦ってきた新政府軍に対し、河合ら長岡軍には実戦の経験などなかったのだろう。地図上で作戦を練り、奇策・奇襲で敵を翻弄するが、あまりダメージを与えることはない。逆に新政府軍に意表を突かれてあっさり劣勢に回る。その過程で、信じていた価値観の転換や追い求めていたモデルの崩壊など、河合が感じる絶望が滅びの美学のごとく扱われることはなく、エモーショナルな盛り上がりはない。天下国家を語るのではなく、あくまで求めるのは領地の安寧。河合を大義に殉じたヒーローではなく、“残念な人” として再現するあたり共感が持てた。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

ただ、長岡藩の置かれた状況を説明するために、仲のいい医師との会話がややもすれば解説調になっている。これは、登場人物の心情をすべてセリフにしてしまう昨今のアニメの影響だろうか。また、河合の妻を演じた松たか子に “ありのままに生きる” などと言わせている。いまだに “let it go” なのは失笑した。

監督     小泉堯史
出演     役所広司/松たか子/香川京子/田中泯/永山絢斗/芳根京子/東出昌大/佐々木蔵之介/吉岡秀隆/仲代達矢
ナンバー     111
オススメ度     ★★*


↓公式サイト↓
https://touge-movie.com/

PLAN 75

75歳以上の老人に与えられた死ぬ権利。苦痛もなく死後の面倒も見てくれる。もう生きていても仕方がないと思っている人は進んで利用する。無職で年金も少ない人は、まだ死にたくなくても選択せざるを得ない状況に追い込まれていく。物語は、高齢化社会を是正して日本を再生させる唯一の手段の適応を受ける当事者の気持ちに寄り添う。若者たちは老人に人生を搾取されたと怒っている。老人たちはこれ以上世間に迷惑をかけたくないと思っている。一方で、理性では納得していても感情が反発している人々もいる。死後の世界を肯定する宗教の信者が多数派ではない日本ではまだまだ違和感を覚える人もいるはずだが、やはり死ぬ権利は生きる権利と同等に議論を深めるべきだ。もう生きる希望など残っていない人の魂を救済するためにも。

勤め先をクビになったミチは一人暮らしのアパートも退去要請を受け、安楽死を介助するPLAN75の申請を済ませる。その後、もらった支度金の10万円で特上ずしを食べたと相談員に話す。

まだ体は健康で認知症もないのに、後期高齢者というだけで社会から排除されるミチ。同年代の友人は孤独死した。明日は我が身と悟ってもいる。いまや相談員と電話でやり取りする15分だけが他人との接点になっている。誰にも必要とされず誰の役にも立てない。人間としての尊厳を守るためには死ぬしかない。でも、老人の死を推奨する社会には人生を否定されたという不満が残る。そんな老人の複雑な心理を、倍賞千恵子が深いまなざしとしわの刻まれた指先で繊細に演じていた。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

こういう制度がなければ若者が絶望するのは理解できる。それでも、消極的にしか賛成できないのは、NOと言いづらい空気を醸成し高齢者に押し付けているから。役所の担当者も外国人介護士も将来自分や自分の両親の順番が来た時を想像し、憂いている。こんな世の中は間違っているのと思いつつもこれしか解決策は思い浮かばない。バブル崩壊以降の停滞で低成長に沈む日本の近未来がリアルに感じられる作品だった。

監督     早川千絵
出演     倍賞千恵子/磯村勇斗/たかお鷹/河合優実/ステファニー・アリアン
ナンバー     112
オススメ度     ★★★★


↓公式サイト↓
https://happinet-phantom.com/plan75/

FLEE フリー

女たちは髪を隠すことなくおしゃべりに興じている。若者たちはウォークマンで音楽を聴き、人々は欧米の映画を楽しんでいる。だが、そんな活気に満ちた時間はあっけなく崩壊する。物語は、イスラム原理主義者に支配されたアフガニスタンから亡命した青年の苦難を描く。投獄や拷問の恐怖からは逃れられたものの、不法滞在者として搾取される日々が続く。家族はいないと偽ってきた。ゲイであることを恥じ、カミングアウトできなかった。兄と母を残して逃げたことに胸を痛めていた。わずかな支援で何とか生き延びようとする主人公の言葉は、体験してきた者だけが知るリアリティに満ちていた。新政権下のモスクワでマクドナルドがオープンするが、主人公たち兄弟が遠巻きに眺めるしかできないあたりが、難民と民主主義の距離を象徴していた。

ソ連軍の侵攻を退けたものの米国の介入で内戦状態になったアフガン。パイロットの父が連行され消息を絶つと、残された母とアミンら4姉兄弟はモスクワに脱出する。

銃を持ったゴロツキのような連中がいつしか警察を名乗っている。アミン一家はいい暮らしをしていて原理主義者にとっては格好の餌食。モスクワではビザ切れを理由に息をひそめるようにして暮らしている。スウェーデンにいる兄からの仕送りだけが頼りで、質の悪い密出入国ブローカーを利用する。トラックの荷台に乗り極寒の森を抜け小さな漁船の船倉に閉じ込められて西を目指すアミン一家。助かったと思ったのに、さらなる過酷な運命にさらされる難民たちの姿は、人間が生きるには衣食住以外にも希望が必要であると教えてくれる。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

2度目はアミンだけが脱出に挑む。割ときちんとしたブローカーで、今度は難民として受け入れられるが、家族は殺されたことになっているのでなかなか連絡できない。やっと再開した兄に自分の性的し好を告げるが、兄がアミンに示した対応は、愛情と理解に満ちたものだった。男は家族を守らなければならない、そんな古い考え方も非常時には役に立つものだ。

監督     ヨナス・ポヘール・ラスムセン
出演     
ナンバー     110
オススメ度     ★★★


↓公式サイト↓
https://transformer.co.jp/m/flee/