こんな映画は見ちゃいけない!

映画ライター・福本ジローによる、ハリウッドの大作から日本映画の小品までスポットを当てる新作映画専門批評サイト。

追龍

f:id:otello:20200415182122j:plain

受けた恩義は必ず返す。たとえ我が身を危険にさらしても、男としては当然の行動。物語は1960年代香港、若くして固い友情に結ばれた男たちの熱い生き方を描く。面倒見の良さとケンカの強さで頭角を現したチンピラと昇進のために彼を利用するエリート警察官、留置場で出会った2人は意気投合し、英国官憲の横暴に耐えながら裏社会に秩序をもたらそうとする。だが彼らの競争相手もまたそれぞれに協調関係を築いている。やがてギャング同士の抗争と警察内部の暗闘が複雑に絡まり合ううちに、義理と仕事の板ばさみになった彼らは苦悩と葛藤に苛まれていく。汚職を排除するのではない、それを前提に治安を保とうとする。そんな時代背景がかえって植民地の混沌を象徴する。ドニー・イェンの若作りメークには目を見張った。

ギャング団の乱闘に参加したホウは逮捕・こう留中、英国人官憲・ヘンダーに暴行されているところをロックに救われる。その後、窮地のロックをホウが助け、2人はお互いを信用するようになる。

黒社会と警察、属する組織で順調に出世していく2人。ロックはホウの麻薬売買に目をつむり、見返りに多額のカネを隠し持っている。一方で、ロックのライバル・ガンはヘンダーとつるみ、ホウの縄張りを食い荒らそうとしている。男はみな自分たちが生き残るのに必死、そのためには手段は選ばない。警察は犯罪を積極的に取り締まらない、むしろ若いころのホウのようにやくざ者が地元のもめごとを解決している。りゅうとした身なりのロックも陰でホウたちを操っているばかりで市民生活には干渉しない。九龍といった無法地帯の存在が彼らのような関係を産んだのだろうか。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

その後、ホウがヘンダーに復讐しようとしたことからロックと対立する。子分を殺された仇を討とうするホウと英国人に逆らうなと諫めるロック。それでも最後には利害を無視して信義を選ぶ。何よりも大切なのは信頼と名誉、友のために命懸けで戦うのが己の道と決めた男たちの思いは、善悪の彼我を越えて美しかった。

監督  バリー・ウォン/ジェイソン・クワン
出演  ドニー・イェン/アンディ・ラウ/フィリップ・キョン/ケント・チェン/ユー・カン/フェリックス・ウォン
ナンバー  73
オススメ度  ★★★*


↓予告↓
https://www.youtube.com/watch?v=xNY_-CBFrig

アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい

f:id:otello:20200414141236j:plain

夢にまでに見た花の都、そこでの出会いが彼女の運命を決定づけた。ファッション界のアイコンとヌーヴェルバーグの旗手、2人は彼女の中に洗練と真実を見出し、その可能性を引き出すメンターとなる。映画は、1960年代フランス映画界のミューズとなった女優の半生を追う。野性的な粗削りさが魅力的だったモデル時代、女優転身後はさらに輝きを増した。そしてハリウッド進出に成功した暁にはNYで映画製作を始める。その時々で彼女にかかわった人々は当代一流ばかり、皆彼女を称賛し崇拝する。一方、年齢を重ねた彼女が思い出を語る時は、人は恵まれた人間関係の中で成長していくと訴える。もちろん挫折や葛藤、他人には明かせない苦悩もあったはず。でも彼女は女優、カメラの前のみならずあらゆる場面で「自身」を演じ続けているのだ。

デンマークで両親の愛を知らず祖父母に育てられたアンナは、ロッセリーニや米国製ミュージカル、ジャズなどの外国文化に夢中になった少女時代を過ごす。17歳になると単身パリに出る。

カフェで佇んでいるとモデルにスカウトされ、ココ・シャネルにアンナ・カリーナと改名されたちまち運気は上昇、TVCMの仕事で有名になるとジャン=リュック・ゴダールからオファーが来る。端役では嫌と断ると、次に来たのは「小さな兵隊」主役の依頼。過激な内容が検閲に引っかかり上映禁止になったりもする。それらの過程を、映画のワンシーンをつなぎながらナレーションで補う展開は非常にパワフルで説得力があり、映像の持つ力を改めて感じさせてくれる。古いモノクロフィルムに残されたアンナやゴダールは生気にあふれ、瑞々しいまでの若さに輝いていた。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

“現在のアンナ” は当然しわも深く刻まれた年齢になっているが、凜としたたたずまいは変わらない。この作品が55分という中途半端な長さで、NY時代以降に言及されていないのは、アンナが2019年末に逝去したからだろうか。それでも出来上がった部分だけをダイナミックに編集した映像はアンナの美しさを際立たせていた。

監督  デニス・ベリー
出演  アンナ・カリーナ
ナンバー  67
オススメ度  ★★★


↓予告篇↓
https://www.youtube.com/watch?v=a2k4tSeNfak

パヴァロッティ 太陽のテノール

f:id:otello:20200413140018j:plain

鼓膜を震わせる高音で朗々と歌い上げる圧倒的な声量と繊細なテクニック、一度聞いただけで脳天を直撃しハートを鷲掴みにする。声楽をオペラファンだけのものではなく、ポップスと融合させて広めた実績は、まさに伝説と呼ぶにふさわしい。映画は、ルチアーノ・パヴァロッティが生前遺したフィルムに彼を知る人々のインタビューを加え、偉大なる生涯の足跡を追う。歌が好きな両親に育てられた。プロになって父親の夢を叶えた。下積みも経験したけれど、ワンチャンスをものにして運命を手繰り寄せた。だれもが認める実力、キャリアの頂点を極めた後もジャンルを問わないコラボで、オペラを復権させていく。一方で、芸術との距離感に悩んだりもする。そんな彼の人間的な一面を一級の資料で再現した映像は迫力満点だ。

イタリア・モデナで生まれたパヴァロッティはハイCを自在に操りデビューする。ロンドンで代役を見事にこなすとたちまち注目され、若くしてオペラ界を代表するスーパースターとなる。

辣腕マネージャーをつけて狭いオペラ界を飛び出したパヴァロッティはリサイタルで表現力を磨いていく。米国の田舎町を回るが、彼のテノールは言葉や習慣を越えて、ナマ声初体験の感動をオペラなど見ない聴衆に伝えていく。さらに中国でも公演、思想信条に関係なく彼らの胸を打つ。極めつけはサッカーW杯決勝戦前夜の “3大テノール競演” の実現だ。オペラの名曲が世界中のサッカーファンの耳に届く。クラシックに興味がなかった層の心に彼らの声が刺さり、アルバムはポップス以上の売り上げを示す。パヴァロッティの功績は、19世紀のように、大衆に、オペラに親しむ日常を取り戻させたことだろう。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

もちろん派手な私生活にも迫る。明るい性格でいつも女に囲まれていた。最初の妻との間に3人の娘、再婚後にも娘ができた。一夜限りの愛人ならもっといたはずだが、パパラッチの登場で彼の私生活は厳しく監視される羽目になる。ドミンゴはセクハラ告発に弁明したが、彼なら軽く受け流したに違いない。

監督  ロン・ハワード
出演  ルチアーノ・パヴァロッティ/ボノ/プラシド・ドミンゴ/ホセ・カレーラス/アンドレア・グリミネッリ/ズービン・メータ/ユージン・コーン /ラン・ラン
ナンバー  64
オススメ度  ★★★*


↓公式サイト↓
https://gaga.ne.jp/pavarotti/

ジャズ喫茶ベイシー

f:id:otello:20200410094750j:plain

生演奏ではなくレコードを客に聞かせる。そのためにはスピーカー、アンプ、ターンテーブル、針に徹底的にこだわり、客席での私語は厳禁。ライブとはまた違った魅力を音楽から引き出している。カメラは東北の小都市に店を構えるジャズ喫茶のオーナーに密着、ジャズに魂を奪われた人々がその魅力を語る姿を追う。日米の一流アーティストがステージに立ったこともあるが、それ以外はごく普通。イベントを除けば普段はジャズのレコードをかけるだけの店。それでも常連客達はジャズのすばらしさを熱く語り、我こそはジャズ文化の担い手との自負をあらわにする。ジャズが好きでたまらない、そしてそんな自分が好きでたまらない人々。ルールから解放された音楽を愛することで自由になったはずなのに、だからこそ自分たちに “粋” であれという縛りをかける老人たちの生き方がほほえましい。

一関市に店を構えるベイシーは今日も夜になると客足が途絶えない。オーナーの菅原は店に実在のピアニストにちなんだ名をつけているが、来日時に立ち寄ってくれた本人から許可をもらっているという。

クラシックとは正反対、サックスの即興演奏は感情を逆なでする際どさがある。映画のサスペンスシーンのBGMならばより一層ジャンルの特性を生かせたはずだが、彼らはそれを否定する。一方で耳になじむメロディを演奏するときもあり、その世界観に引きずり込まれるほど心地よさに酔いしることもできる。楽譜も定型もない、心の赴くままに奏でられた旋律の数々は、聞く側がそれぞれに意味を見出さなければならないのだろう。想像の余地を残す、そしてそこから何を感じるようが構わない。答えはない問いかけこそがジャズの神髄なのだ。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

カウント・ベージー渡辺貞夫も店でパフォーマンスを披露した。さらに小澤征爾のインタビューや鈴木京香のコメントがさしはさまれる。香り高いバーボンよりも湯気が立つコーヒーが似合う、ジャズと物語に満ちた空間。それがベイジーであるとこの店を愛する人々は訴えていた。

監督  星野哲也
出演  菅原正二/島地勝彦/厚木繁伸/村上“ポンタ”秀一/坂田明
ナンバー  50
オススメ度  ★★★


↓公式サイト↓
https://www.uplink.co.jp/Basie/

暗数殺人

f:id:otello:20200408121001j:plain

巧妙に紡がれた嘘の中に知られていない事実が含まれている。そのにおいを直感的にかぎ分けた刑事は真実を求めるあまり泥沼に足を取られていく。物語は、殺人事件犯人が他の殺人を告白、刑事が再捜査のするうちに犯人に翻弄されていく姿を描く。7人殺したのは本当なのか。別の狙いがあって混乱させようとしているのではないか。刑事は供述の見返りにカネを渡し、犯人は情報を小出しにして刑事の関心を引こうとする。被害者はみな失踪扱いされている。殺人事件として立証するには状況証拠ばかりで物的証拠は乏しい。そして犯人は裁判では自供を翻し、無罪を主張する。知能が高く決断も早く体力にも恵まれているがおぞましい死臭を放っている、そんなサイコパス的犯人をチュ・ジフンが粘着質に演じていた。

麻薬取引摘発のためにテオに近づいたヒョンミンだったが、テオは別件で逮捕されてしまう。3ヶ月後、拘置所のテオから連絡を受けたヒョンミンは、彼が隠した証拠を見つけ、検察に大恥をかかせる。

あらかじめ仕込んでいたとは思えない。だが、テオならば公判で言い逃れできるような証拠隠滅工作ができる気もする。殺してはいない、死体を運んだだけと法廷では証言するテオの狡猾に仕組んだ罠にヒョンミンはがんじがらめになり、いつしか上司の命令を無視してまでテオの言葉を信じ強引な捜査を行う。独房で刑法関連の法律書を読み漁るテオの、国家の法体系に挑戦するかのごとき不敵な瞳が印象的だった。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

その後、彼が自白した事件について起訴しては敗れ、警察で肩身の狭い思いをするヒョンミン。墓から掘り出した遺体からヒントを得て、今度こそはと意気込む。ところが、人を殺しても隠蔽し時間がたてば死体遺棄でしか刑事告訴できない。しかも時効の壁があり有罪に持っていくのは困難。そういったことを知り尽くしたうえで、テオはヒョンミンに接触してきたのか。実際に起きた事件に基づいているがゆえに、真相は藪の中的な消化不良感が、心に重くのしかかる作品だった。

監督  キム・テギュン
出演  キム・ユンソク/チュ・ジフン/チン・ソンギュ
ナンバー  72
オススメ度  ★★*


↓公式サイト↓
http://klockworx-asia.com/ansu/

囚われた国家

f:id:otello:20200407094424j:plain

人々はみな首にチップを埋め込まれ、当局によって監視・管理下にある。危険人物は有無を言わさず排除され、立ち入り禁止エリアに侵入した者は殺される。物語は、異星人によって征服された近未来の地球、自由と解放を求めてレジスタンス運動に身を投じた若者の奮闘を描く。テクノロジーは退化し、新聞広告で合図を出し連絡は直接会うか伝書鳩。一方で統治者と呼ばれる異星人に協力する人間は技術も富も独占し、力なき大衆はより貧しくなっている。現代以上に広がった格差、圧倒的な科学力の差に、もはや一般人は抵抗しても無駄とあきらめている。それでも希望は捨てていないレジスタンスの活動家と関わるうちに、主人公は自らの運命に目覚めていく。国家資本主義の行き着く先のごとき社会、強権による支配の息詰まる日常に寒気が走った。

貧困地区に暮らすガブリエルはレジスタンスリーダーだった兄と再会、地下活動に加わる。さまざまなスキルを持つメンバーを紹介され、統治者と深くつながる副市長を暗殺する実行部隊に加わる。

統治者に与する人々は特権階級となり、繁栄を謳歌している。ガブリエルはスラムのようなに地域住み、テロリストの弟として警察の司令官が常に尾行している。彼が特殊な首輪で発信機の電波を遮断し、レジスタンスの闘士たちとコンタクトするシーンはサスペンスフルで、革命のために命を賭する彼らの息遣いが非常にリアルに再現されていた。ただ、ガブリエルを付け回す司令官がいかにもな設定で、彼が後々どんな役割を果たすかが読めてしまった。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

その後、ガブリエルたちは爆弾テロを決行、一定の成果を上げるが当局から追われる身になる。発信器を取り出し死亡を偽装した工作も見抜かれ、ひとりまたひとりと警察の手に落ちていく。弱みを握られたガブリエルもまた司令官との取引に応じてしまう。しかし、その過程での出来事は暗めの映像のせいで詳らかにされず想像で補うしかない。斬新なアイデアも乏しく、過去のSF名作の換骨奪胎とまではいかなかった。

監督  ルパート・ワイアット
出演  ジョン・グッドマン/ベラ・ファーミガ/アシュトン・サンダース/ジョナサン・メジャース/コルソン・ベイカ
ナンバー  71
オススメ度  ★★


↓公式サイト↓
https://www.captive-state.jp/

わたしはダフネ

f:id:otello:20200406100403j:plain

心に浮かんだことをそのまま口にしてしまう。相手への忖度はできない。感情を制御できず、時に周囲に当たり散らしてしまう。誰に対してもちょっと高飛車。でも、職場にもひとりで行けるし仕事も一人前にこなしている。物語は、ダウン症の娘と彼女の父のふたりきりの旅を追う。母が急死したのは自分のせいと自責の念を抑えきれず、つい父にあたってしまう。そんな娘を黙って見つめる父。彼女はもう30歳を超えているはず。父はまだ元気だがもう老人といってもいい外見。彼らはどんな人生を送ってきたのだろう。どんな思いを飲み込んできたのだろう。感傷的なシーンや事情を説明するシーンは一切ないが、彼女がどれだけ愛されまわりの人々に溶け込んでいるかは、現在を見ればわかる。障害があるからといってかわいそうなんかじゃない。そう思わせるほど彼女は生き生きとしていた。

両親と共にバカンスに出かけていたダフネは、母・マリアの突然の死に取り乱してしまう。父・ルイージはダフネと2人で暮らすうちに、少しずつ彼女が自立した一人前の女性だと気づいていく。

マリアとは常に行動を共にするほど仲が良かったのに、ルイージにはつらく当たるダフネ。息がタバコ臭いとスキンシップを拒絶し彼が自室に入ると怒り出す。きっとルイージは子育てをすべてマリアに押し付け商売に逃げていたのだろう。初めてダフネに1対1で向き合わなければならなくなるが、接し方がわからない。それでも店を休み、一緒に食事をとるように努力していくうちにダフネの気持ちも変わっていく。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

ダフネとルイージはマリアの墓参りに行く。道中、小さな宿に一泊するが、その晩ルイージは宿の女将に秘めてきた心情を吐露する。母親なら、己の腹から生まれてきた子供は障害があっても受け入れられる。だが、父親には不運としか思えずなかなか子供を愛する覚悟が生まれなかった。この父娘の間にあった距離は、そんなルイージの過去が原因なのだろう。その葛藤を乗り越えた父娘の笑顔はまぶしかった。

監督  フェデリコ・ボンディ
出演  カロリーナ・ラスパンティ/アントニオ・ピオバネリ/ステファニア・カッシーニ/アンジェラ・マグニ/ガブリエレ・スピネッリ/フランチェスカ・ラビ
ナンバー  49
オススメ度  ★★★


↓公式サイト↓
http://www.zaziefilms.com/dafne/