こんな映画は見ちゃいけない!

映画ライター・福本ジローによる、ハリウッドの大作から日本映画の小品までスポットを当てる新作映画専門批評サイト。

ダンサー そして私たちは踊った

f:id:otello:20200228095009j:plain

脚を素早く交差させステップを踏む。斜めに傾いだ体を高速で回転させる。繊細さよりも力強さ、優雅さよりも激しさ、なにより奮い立つ喜怒哀楽を前面に押し出した振り付けはステージ上のアートではなく、大地と共に生きてきた人々の魂の咆哮のよう。物語は、ジョージアの舞踊団でプロを目指す若者の青春を描く。日々のレッスン後にはバイトで生計を立てなければならない。恋人はいるけれど微妙な距離感を詰められない。家族は皆怠け者で、カネをせびられる。そんな中、飛び切りうまい新顔が入ってきた。そして、オーディションが迫ってくる。最初は彼を警戒していた。だが朝練で顔を合わせるうちにライバル以上の感情が芽生え、ガールフレンドでは抱けなかった思いが抑えきれなくなる。まだ同性愛が禁忌とされている国だからこそ燃え上がる恋が切なかった。

国立舞踏団で幼少時からレッスンを受けてきたメラブは、突然スタジオに現れたイラクリのダンスに目を見張る。その後メラブはパートナーのマリをイラクリに奪われ複雑な気持ちを隠せない。

メラブの実家は貧しく、家を出た父が営む露天をメカブとマリが訪ねていく。父は国際舞台に立つほどのダンサーだったが、今はすっかり落ちぶれ「ダンサーでは食っていけない」とメラブに他の道を探すよう忠告する。父の言葉は、成功するのは数十人にひとり、さらに引退後も指導者としてこの業界に残れるのは数百人にひとりという厳しい世界の現実を象徴していた。ところがメラブはいつしかイラクリに夢中になり、千載一遇のチャンスが目の前に転がっているのに一向にレッスンに身が入らない。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

若気の至りと言えばそれまでなのだが、舞踊団では同性愛は許容される雰囲気ではない。己の性的性向に気づいたメラブが、兄が起こした諍いに巻き込まれたのを機に男娼とつるんでクラブに出入りするなど破滅的な行動を取る。せっかくジョージアの伝統的舞踏をテーマにしているのだから、お決まりのボーイズラブ的展開にするよりその神髄に迫ってほしかった。

監督  レヴァン・アキン
出演  レヴァン・ゲルバヒアニ/アナ・ジャバヒシュビリ /バチ・バリシュビリ
ナンバー  33
オススメ度  ★★


↓公式サイト↓
http://www.finefilms.co.jp/dance/

名もなき生涯 

f:id:otello:20200227094603j:plain

緑深い山地の農村、人々は単調だが平和に暮らしている。若者が出征しても戦場になったりはしなかった。だが、戦争と独裁者は濃厚な影を落としていく。物語は、第二次大戦中のオーストリアで兵役を拒否した男の闘いを描く。親しいユダヤ人が連行されたわけではない。政治的・思想的背景もない。ただ、ヒトラーが放つ違和感に良心が納得しないだけ。教会に相談すると、祖国への義務だと言われる。村や町の有力者はなだめすかし翻意させようとする。それでも思いは動かない。理解してくれるのは妻ひとり、夫婦は手紙をしたためお互いの胸中を伝えあい変わらぬ愛を貫き通す。絵葉書のように美しい風景は四季と時間の移ろいを通じて彼らの決意の固さを象徴し、精緻な構図は感情を代弁する。テレンス・マリックの手にかかればこんなテーマでも映像詩になってしまうのだ。

ドイツ軍に参加してフランスと戦ったフランツは復員後、妻・ファニと農作業に精を出す日々。しかし、二度目の召集がかかってもフランツは応じず、ヒトラーへの忠誠を誓う書類にも署名しなかった。

ドイツへの併合を地元の人々も快く思っていないけれど、ナチスの台頭に今はみな頭を低くしている。フランツに共感する人もいるけれど、協力はしてくれない。サインなど形だけと懐柔する人もいる。面従腹背でやり過ごせば拘束されることもない。ところがフランツはあくまで “正義” と信じた道を行く。特に高度な教育を受けているとは思えない彼がここまで頑なになったのはフランス戦線での体験が原因なのか。映画はそこに言及しないが、実際の戦争でフランツが目にした出来事を想像させる。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

ベルリンの拘置所に移送されたフランツは、狭い独房、看守による暴力、貧弱な食事、無意味な労働等、反逆罪などで収監されている人々の心を折るためだけの日常に置かれる。そこでもフランツは己を曲げず、判決を甘んじて受ける。信念に殉ずるのは英雄的な行為、一方で遺された家族に待つ現実はまた別の真実でもあるとこの作品は訴えていた。

監督  テレンス・マリック
出演  アウグスト・ディール/バレリー・パフナー/マリア・シモン/トビアスモレッティ/ブルーノ・ガンツ
ナンバー  36
オススメ度  ★★*


↓公式サイト↓
http://www.foxmovies-jp.com/namonaki-shogai/

Red

f:id:otello:20200226094712j:plain

妻として完璧に家庭を守ってきた。母として一人娘に愛を注いできた。しかし、女としての欲求に火が付いたとき、彼女は己の感情を抑えきれなくなった。物語は、数年ぶりに働きに出た主婦が、職場の同僚と恋に落ち深みにはまっていく姿を描く。夫も姑も気づいていないけれど、幼い娘は敏感に感じ取っている。誰かの妻や母ではない、きちんと職務をこなした上で独立した個人として扱われることの快感に彼女は目覚める。やがて娘の世話を夫と押し付け合うようになると、彼女の気持ちはますます家族から離れ恋人に近づいていく。そして出口のないトンネルのような道行き。自分から誘う視線を投げかけておきながら相手がその気になると意外そうな顔をする、清純派のフリをして男心をつかむ駆け引きに長けた女を、夏帆が可憐に演じていた。

夫の同伴で出席したパーティで10年前に付き合っていた鞍田を見かけた塔子は、彼の後を追う。その後、塔子は鞍田が勤務する事務所に再就職、営業の途中で鞍田とよりを戻しそのまま彼の部屋に行く。

仕事と家庭の両立、最初のうちはうまくいっていた。鞍田との関係も何とかごまかしてきた。ところが娘の面倒を満足に見られなくなると、夫婦間に不和が生じる。夫の収入だけで十分に豊かな暮らしが保証されているのに、家族よりも会社を優先させる塔子に、夫は仕事を辞めろという。激しく反発する塔子は選択を迫られる。女性の社会進出と共に妻もまた不倫の当事者となる。かつて実父から受けた仕打ちを今度は愛娘にする塔子の愚かさを、切ない曲想の「ハレルヤ」が象徴していた。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

出張先で大雪に遭い足止めを食らった塔子は、なぜか迎えに来ていた鞍田のクルマに乗る。目的地に向かっているが、目的地についてほしくない。このままふたりだけの時間が永遠に続けばいい。塔子も鞍田もそう願いながらもあと一歩踏み出す勇気が持てない。その先に待っているのは希望ではないとわかっていながらふたりは雪道をひた走る。そんな彼らの心の襞が繊細な映像で再現されていた。

監督  三島有紀子
出演  夏帆/妻夫木聡/柄本佑/間宮祥太朗/片岡礼子/余貴美子
ナンバー  35
オススメ度  ★★★


↓公式サイト↓
https://redmovie.jp/

ミッドサマー 

f:id:otello:20200225081708j:plain

沈まない太陽、咲き誇る花と濃い緑、笑顔で歓待してくれる親切な人々。まるでおとぎ話の楽園のごとき小さな村、だが、その秘密を目撃したときおぞましい恐怖に襲われる。物語は、スウェーデンの人里離れたコミューンを訪れた米国の大学生が体験する儀式を描く。土着の風俗を取り上げる民俗学研究のつもりだった。カルト集団の趣を持ってはいるが無害な集団だと思っていた。痛みも快感も喜怒哀楽も共有する村人たちは全員が家族のような結束を誇っている。ところが常に監視されていて逃げ場がない。外部とは孤立して連絡は取れない。そして生と死の概念が通常とは決定的にかみ合わないと知った大学生たちは、なぜ自分たちがこの村に連れてこられたかに気づく。そんな彼らの、まったく価値観の異なる文化と遭遇した時の動揺がリアルに再現されていた。

家族を亡くしたダニーは恋人のクリスチャンと彼の3人の友人と共に90年に一度の祝祭の見学に行く。バカンス気分に浮かれていたが、老人の死を祝う場に立ち会ったことから平常心を失っていく。

村では72歳が寿命と定められ、人々は命を循環させるために自ら天寿を全うする。ダニーたちはショックを受けるが、養護施設で無為な余生を送らせる方が非人間的という考え方には一理ある。人間は自然の一部、村という組織を維持するために自我を捨てるのが当然ととらえているのだ。調和の取れた世界、その秩序を守ることこそが最大の使命と信じる彼らの生き方は、個人の自由を尊重する一般社会よりもむしろ地球にやさしいと思わせる。長回しを多用したショットの連続は、ダニーたちが覚える違和感を十分に浸透させる効果を持ち、金切り声に似た音楽が感情をかきむしる。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

ダニーに儀式をやめさせる手立てはなく受け入れるしかない。やがて彼女は心の奥に眠っていた本性を目覚めさせる。所属する社会から教えられた善悪の基準など相対的、真理もまた共同体によって違う。すべてを見届けたダニーの笑顔は、己の居場所を見つけた満足感にあふれていた。

監督  アリ・アスター
出演  エローラ・トルキア/ウィル・ポールター/アーチー・マデクウェ/ジャック・レイナー/ウィルヘルム・ブロングレン/フローレンス・ピュー
ナンバー  34
オススメ度  ★★★*


↓公式サイト↓
https://www.phantom-film.com/midsommar/

はちどり

f:id:otello:20191208185348j:plain

父は権威主義者で母は口うるさい。姉は夜遊びに忙しく兄は暴力をふるう。学校の担任は学歴偏重。誰も私のことなんか考えていない。誰も私の話を聞いてくれない。そんな彼女が出会った塾の講師はちょっと変わり者。映画は、高層アパートに住む中学二年の女子生徒の日常をスケッチする。成績はあまりよくない。クラスメイトより塾で知り合った他校の生徒とつるむ方が多い。そして、たくさんの知人がいても心がわかるのは何人いるのかという塾の新しい先生の問いに、彼女は自分を見つめなおす。自由化・民主化で急速に経済発展し、格差が広がりはじめた1990年代のソウル。早くも競争社会からふるい落とされた少女の現実に対する無力感をカメラは丁寧に掬い上げ、長まわしを多用した映像は彼女の感情の繊細な襞までとらえようとする。

放課後に通っている漢文塾で新任のヨンジ先生の言葉に胸を衝かれたウニは、彼女の授業を楽しみにするようになる。ところが、耳の後ろにしこりが見つかり、除去手術を受ける。

ヨンジはエリート大学に在籍しながらも休学中で、何か訳ありの様子。人生を達観しているのか、ウニの悩みに真剣に耳を傾け適切なアドバイスをくれる。その間。家族との葛藤、ボーイフレンドや後輩女子とのひととき、塾の友人との気の置けないおしゃべりなど、ウニにとっての大切な時間が流れていく。喜怒哀楽を大げさに示すわけではない。むしろ表情が乏しいと思えるウニは心に浮かんだ思いをなかなか口にできないのだろう。そのもどかしさを呑み込んで我慢する姿が健気で痛ましい。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

手術が無事終わったあとユニはヨンジ会いに行くが、もう彼女は塾をやめている。その後ユニのもとに届いたヨンジからのプレゼント。やがて起こった大惨事。もっと自信を持て、もっと己を愛せ。ヨンジからのメッセージをウニは理解できただろうか。抑制された演出と平板な長まわしは時に退屈を通り越して苛立ちさえ覚える。だが、そのモヤモヤした気持ちこそがウニが普段から抱いている生きづらさなのだ。

監督  キム・ボラ
出演  パク・ジフ/キム・セビョク/イ・スンヨン/チョン・インギ
ナンバー  22
オススメ度  ★★★


↓公式サイト↓
http://animoproduce.co.jp/hachidori/

デンジャー・クロース 極限着弾

f:id:otello:20200220153129j:plain

迫撃砲の砲弾が降り注ぐ。なのに見張りはビールを飲み、敵を仕留められない。士官はトランプをやめず下士官に一喝される。すぐそばに敵が迫ってきている前線基地とは思えないほど緊張感は低い。そんな、米国映画では見られない戦闘時のユルさが印象的だった。物語は、ベトナム戦争に出兵したオーストラリア軍の奮闘を描く。ゴム林の奥に設営されたベースキャンプを死守するために選ばれた小隊は、ほとんどが20歳前後の若者たち。倒しても倒しても押し寄せてくるベトコンに対し、勇敢さはやがて不安と恐怖にかわっていく。圧倒的な数的不利の中、ひとりまたひとりと銃弾の餌食になっていく。それでも孤立した友軍の救出に向かう兵士たち。防共の名目の下、米国に付き合わされて参戦した彼らに大義はあったのだろうか。。。

深夜に砲撃してきたベトコン部隊掃討のために、10・11・12の3小隊が前線に送られる。だが、ベトコンは人海戦術で彼らを包囲、追い詰められた11小隊は自分たちを狙って大砲を撃てと司令部に伝える。

20~30メートル先まで接近したベトコンと激しい銃撃戦を繰り広げるオーストラリア軍。ランボーのようなスーパーヒーローがいるはずもなく、ベトコンの機関銃掃射で次々と脱落していく。地面に這いつくばって首をすくめていても頭に被弾すると即死、肩や体に当たった銃弾は貫通せずおびただしい出血と痛みに耐えなければならない。必死に応戦するも、次から次へと突撃してくるベトコン相手に銃弾は切れもはや絶体絶命。なんとかヘリによる補給を得て反撃するが、ベトコンの波状攻撃は止まらず、11小隊は全滅寸前まで追いこまれる。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

米国製ベトナム戦争映画とは違い、兵士がドラッグに走ったりトラウマに悩まされたり内省的になったりはしない。また、ベトコン側の視点で振り返るわけでもない。社会主義国の脅威があったとはいえ、母国の青年たちが戦場で散った事実はオーストラリア人にとっては忘れてはいけない歴史。彼らを英雄ではなく英霊として偲ぶ姿勢はあくまで謙虚だった。

監督  クリフ・ステンダーズ
出演  トラビス・フィメル/ルーク・ブレイシー/ダニエル・ウェバー/アレクサンダー・イングランド/アーロン・グレナン/ニコラス・ハミルトン/ リチャード・ロクスバーグ
ナンバー  31
オススメ度  ★★★*


↓公式サイト↓
http://dangerclose.ayapro.ne.jp/

薬の神じゃない!

f:id:otello:20200219173925j:plain

最初はカネのためだった。病魔に蝕まれている人々を見ているうちに、天に与えられた使命だと信じるようになった。たとえそれが法を犯す行為であっても。。。物語は、白血病患者のために安価な薬を密輸する男の奮闘を追う。正規薬は非常に高価、薬代のために土地家屋を売り払った者もいる。患者たちに懇願された主人公は単身言葉の通じない異国に渡り、手の届く値段のジェネリック薬を購入し、密航して戻ってくる。だが、正規薬の製薬会社の意を受けた官憲はジェネリック薬を “ニセ薬” として取り締ろうとする。いつしか義侠心が芽生えた彼のそばに寄り添うようなポジションから撮影されたショットは、まるで守護霊の視点で見た世界のよう。法に勝る善意や良心はどこまで許容されるべきかとこの作品は問う。

インドで白血病治療薬を仕入れたチョン・ヨンは患者のリュと共に販路を探す。ダンサーの人脈を通じて患者を集め正規薬の1/8の値段で売ると、患者たちには感謝され完売、チョン・ヨンはインドに飛ぶ。

正規品を売る製薬会社の前では大勢の患者たちが抗議集会を開いている。利益を守りたい製薬会社は聴く耳を持たず、むしろ警察にジェネリック薬の一掃を要求する。このあたり “お上” の権限が強く人民の命が軽んじられている中国社会の本質が強く反映されている。そしてダンスホールでチョン・ヨンが札びらを切るシーンは、自由経済の恩恵にあずかれるのは一部のエリートと成り上がり者だけという現実を象徴していた。やがて商売敵が現れ警察も捜査に本腰を入れるようになり密輸チームは解散する。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

1年後リウの妻に頼まれ、チョン・ヨンは再び密輸に手を染める。すでに縫製業で成功していた彼は、今度は儲け抜きで薬を売る。もはや純粋な人助け。自分の都合しか考えなかったチョン・ヨンが大きなリスクを背負ってまでジェネリックの密輸・密売を続ける姿は、人間が正しく生きるとはどういうことかを教えてくれる。大上段に構えるのではなく適度なユーモアを交えた脚本も秀逸だった。

監督  ウェン・ムーイエ
出演  シュー・ジェン/ワン・チュエンジュン/ジョウ・イーウェイ/タン・ジュオ/チャン・ユー
ナンバー  28
オススメ度  ★★★★


↓公式サイト↓