ピース オブ ケイク

otello2015-09-08

ピース オブ ケイク

監督 田口トモロヲ
出演 多部未華子/綾野剛/松坂桃李/木村文乃/光宗薫
ナンバー 210
批評 ネタばれ注意! 結末に触れています

好きでなくても言い寄られると体を許してしまう。もっとしっかりしなければと思いつつも、雰囲気に流される。そんな女の眼前に、人生で初めて“風が吹いた”と思わせる男が現れる。職場は同じ住居も隣、偶然なのか必然なのか、彼女は運命を感じ彼に告白する。物語は人間関係も仕事もイマイチ冴えないヒロインの、ときめきや不安、思い込みと嫉妬を描く。動き出す前にうじうじ悩み、行動した後も後悔ばかり。強くはないし賢くもない、駆け引きはできず嘘もつけない。自信を持てないまま大人になってしまった彼女の等身大の葛藤が共感を呼ぶ。そして、大きな夢を追うのではなく小さな成功体験で満足する、失敗して傷つくくらいならと手探りで恋をする姿が現代的だ。

失恋を機に引っ越し、レンタルDVD店で働く志乃は、深夜勤後に店長の京志郎と一緒に帰る時間を楽しみにしている。だが、泥酔して京志郎の部屋で目覚めた朝、京志郎の恋人・あかりに叩き出される。

エキセントリックなあかりにうんざりしている京志郎も、志乃のユルさに惹かれている。あかりが突然消息を絶ちふたりは付き合い始めるが、志乃は「幸せすぎて怖い」と不幸の準備をする。被害妄想的とも思えるネガティブ志向、男運が悪いというよりも、己を罰するかのごとく事態をややこしくしてしまう不器用な生き方しかできない彼女の性格がいじらしい。まあ、男から見ればあまりにもとらえどころがなくてよくわからないところもあるが。。。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

やがて京志郎とあかりが密かに会っていたと知った志乃は、怒りを爆発させる。温泉の男湯に乱入しケータイを投げつけ、さらに言い訳する京志郎に延々説教する志乃。裏切りを知っても何事もなかったように振る舞ってじわじわと京志郎を追い詰める陰湿な仕打ちはできない。思いっきり感情を表出させた彼女に爆笑するとともに、これだけのパワーがあればきっと自分の手で幸運をつかみ取ることができるだろうと、応援したくなるシーンだった。

オススメ度 ★★★

↓公式サイト↓

ローマに消えた男

otello2015-09-07

ローマに消えた男 Viva la liberta

監督 ロベルト・アンド
出演 トニ・セルビッロ/バレリオ・マスタンドレア/バレリア・ブルーニ・テデスキ/ミケーラ・チェスコン/アンナ・ボナイウート
ナンバー 205
批評 ネタばれ注意! 結末に触れています

重圧に耐えかねすべてを投げ出してしまった政治家。楽天的で教養に満ちつつも感情を直撃する言葉で話す男。性格は正反対だが2人の見かけは同じ、長年にわたってお互いの存在を周囲に黙っているほどの断絶が、彼らを引き裂いた出来事の根の深さをほのめかす。物語は、イタリアの左翼政党党首が失踪、双子の兄弟が代役を務める過程で、人生に本当に大切なものは何かを模索する姿を描く。表舞台を離れて手に入れたのは忘れていた青春のきらめき。突然脚光を浴びて蘇ったのは若き日の夢と情熱。立場が入れ替わって見つけた生きる喜び、がむしゃらに突っ走る年齢を過ぎた人間は、むしろ“運命の力”に身を委ねてみるのもいいのではと主人公は訴える。本筋とは関係ないが、蛇のタトゥーを胸元から覗かせる女性側近が強烈な印象を残す。

支持率低下に悩むエンリコは誰にも知らせずパリに脱出、元恋人・ダニエルの家に身を寄せる。秘書のアンドレアは双子の兄弟・ジョバンニを探し出して急場をしのごうとする。

レストランで記者の質問を受けるジョバンニは如才なく答え翌日の新聞を賑わす。ジョバンニの発言は大衆受けしたちまち支持率は回復、アンドレアはジョバンニにエンリコを演じ続けさせる。政界にしがらみのないジョバンニンの意見は正鵠を射ていたのだろう、そして政敵ですら魅了してしまう人間性はエンリコとの因縁が生んだつらい時期を過ごしてきた経験が基になっているに違いない。その後、彼は大統領との面会も無事に済ませ、女性首相との会談ではタンゴを踊るほど打ち解ける。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

やがて見つかった一枚の写真、ダニエルを挟んで写った2人の肖像が、仲の良かった兄弟の亀裂の原因を暗示する。おそらくジョバンニの病歴もその時のトラウマ。あえて多くを語らず2人の半生を想像させる語り口は、彼らにもう肩の荷を下ろしてもよいころだと優しく告げているよう。ストレスをためずに暮らすのは難しい、時に思いのままに行動することも必要だとこの作品は教えてくれる。

オススメ度 ★★★*

↓公式サイト↓

クライムスピード

otello2015-09-05

クライムスピード AMERICAN HEIST

監督 サリク・アンドレアシアン
出演 ヘイデン・クリステンセン/エイドリアン・ブロディ/ジョーダナ・ブリュースター/トリー・キトルズ
ナンバー 201
批評 ネタばれ注意! 結末に触れています

もう絶縁したつもりだった。二度と会わないと思っていた。だが、簡単には切れない兄弟の絆。不幸な家庭で生まれ育ち、兄だけが自分を守ってくれる唯一の存在、悪事の片棒を担がされ貴重な時間を無駄にしたのに、やっぱり頼みは断りきれない。物語は、まっとうに生きようとする男が、服役を終えて帰ってきた兄に再び悪の道に引きずりこまれていく姿を描く。強引に話を進められ気が付いたときにはもう後戻りできない。知らぬ間に恋人まで巻き込まれそうになっている。 “義理”という名の底なし沼に足を取られ、なんとか抜け出そうとする主人公の葛藤と逡巡と後悔がリアルに再現されていた。根は真面目な善人、にもかかわらず犯罪に手を出さざるを得ない、そんな彼の優柔不断さが人間の弱さを浮き彫りにしていた。

自動車修理工・ジミーの元に出所したフランキーが現れ、ビジネスの手伝いを頼む。黒人ギャング2人と共に取引現場に行くといきなり銃声が響き、ジミーはパトカーに追われた上、愛車を手放す羽目になる。

フランキーは左右に肩をゆすってチンピラ然と歩く。体の線が細いフランキーでは強がってるようにしか見えないのだが、実際刑務所で命を助けてもらった黒人ボスには頭が上がらず、パシリ扱い。それでもジミーの前では兄貴風を吹かせている。大人になっても変わらない兄弟の関係を利用して巧みにジミーに近づくが、ジミーが迷惑なのは分かっている。しかしジミーを仲間に入れなければボスに殺されるかもしれない。ジミー以上に危うい立場に追い込まれているフランキーの苦悩を、エイドリアン・ブロディが繊細な演技で表現する。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

そして黒人ギャングたちの銀行強盗に手を貸す兄弟。綿密に立てた計画のはずがあっさり破綻、警察に包囲されてしまう。人質を取り重火器で警官隊と対抗するが逃走経路は開かない。最後に見せた勇気が、大いなる贖罪としてフランキーの人生にわずかな救いをもたらしていた。

オススメ度 ★★★

↓公式サイト↓

マジック・マイクXXL

otello2015-09-04

マジック・マイクXXL MAGIC MIKE XXL

監督 グレゴリー・ジェイコブズ
出演 チャニング・テイタム/マット・ボマー/ジョー・マンガニエロ/エリザベス・バンクス/アンバー・ハード/ケヴィン・ナッシュ/ガブリエル・イグレシアス/アダム・ロドリゲス/アンディ・マクダウェル
ナンバー 199
批評 ネタばれ注意! 結末に触れています

起業の夢は叶い、とりあえず事業は細々と継続している。だが、くすぶり続けているダンスへの情熱と狂乱の日々への未練。主人公にとって、ストリップは開業資金を得るための手段だったはずなのに、時と共に自分がやりたかったことだと気づく。物語は一度引退したにもかかわらず、かつての同僚の誘いでもう一度ステージに立つ決意をした男性ストリッパーの復帰への日々を追う。他のダンサーたちも、ストリップは一時の食い扶持稼ぎと口では言っている。しかしそれは、女を悦ばせ大金を得る職業にある種の卑しさを自覚しているから。稼げる時間が短いのも分かっているからこそ完全燃焼しようとする。濃厚なセックスを思わせるアクロバティックな体位を取り入れた振り付けの数々が、官能を刺激する。

念願の家具店を開いたマイクだが、今もダンスミュージックが聞こえると自然に体が反応してしまう。ある日、一緒に踊っていたターザンから呼び出され、改造したキッチントラックで仲間たちとコンテストを目指す旅に参加する。

ダンスから離れていた間、マイクは恋人に去られ家具作りにもうんざりし始めている。偶然巡ってきた再び踊るチャンス、それぞれ心に傷を持ちながらもダンスをやめられない男たちが迎えてくれる。道中、MCが事故で脱落、代役を求めて以前関係のあった女・ローマを訪ねるマイク。女性専用会員制クラブで、半裸の男たちが欲求不満の女たちにかしづき楽しませ女王様気分にさせるテクニックを見せられたマイクたちは、カネに見合った満足を提供する“おもてなし”の精神を学び、成功体験にしがみつくのではなく新たなパフォーマンスを考えるきっかけにする。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

そしてコンテスト本番、各々のメンバーが自らの鍛え上げた上半身を鼓舞するかのように筋肉を躍動させ、マッチョを全開にする。会場を埋め尽くす女たちは日常生活ではこれほどの肉体を持つ男とは縁がないのだろう、ステージに上げられても為すがままに身を任せている。女たちの恍惚とした表情が印象的だった。

オススメ度 ★★★

↓公式サイト↓

ロマンス

otello2015-09-03

ロマンス

監督 タナダユキ
出演 大島優子/大倉孝二/野嵜好美/窪田正孝/西牟田
ナンバー 206
批評 ネタばれ注意! 結末に触れています

ケチな泥棒のくせに妙に図々しく踏み込んでくるオッサン。いくら迷惑がってもどこか憎めない人間味があり、いつしか彼のペースにはまってしまう。そして見抜かれてしまった母への思い。ずっと嫌っていた、もう二度と会いたくないはずだった。だが、古い記憶を拾い集めるうちに楽しかった思い出うれしかった気持ちが脳裏によみがえってくる。物語は初対面の男に強引に連れまわされながら、自殺をほのめかす母親を探す販売員の一日を追う。小田原城から登山鉄道、温泉卵やそば、芦ノ湖といった箱根の名所を巡る過程で徐々にヒロインの表情から険が取れていく。その変化が、他者とのかかわりが人生を豊かにすると教えてくれる。やっぱり観光地は、少し季節外れの平日、人出の少ない時期に訪れるのがいい。

小田急ロマンスカーの移動販売員・鉢子は万引き犯・桜庭を捕まえるが、ゴミ箱に捨てた母からの手紙を桜庭に読まれ、逆に桜庭から母の安否を気遣われる。ふたりは鉢子の母を見つけるためレンタカーを借りる。

急展開の成り行きに鉢子は怒り、憤り、激しく桜庭を罵る。それでも、カネもケータイも持たぬまま職場を離れ、母の身を案じている。予定外・予想外の出来事、にもかかわらず鉢子が桜庭と行動を共にするのは、退屈な毎日に刺激が欲しかったから。レールの上を行って帰るだけの日々から離れた鉢子にとって、桜庭との時間は自分自身と失った家族の関係を顧みる旅となる。彼女がいちばん恐れているのは母の男運の悪さが遺伝していること。強がっていても優しくされるとつい心を許してしまう、そんな寂しい女を大島優子がナチュラルに演じている。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

道に迷ったふたりはラブホに入るが、桜庭もまた行き詰まり現実から逃げていると告白する。見知らぬ他人と非日常にいる、だからこそ胸にたまった澱を相手にすべて吐き出してもあとくされがない。「私を待っている人がいる」と考えるだけで、人間は不思議と生きる勇気が湧いてくる。そう思わせる作品だった。

オススメ度 ★★★

↓公式サイト↓

S-最後の警官- 奪還

otello2015-09-02

S-最後の警官- 奪還

監督 平野俊一
出演 向井理/綾野剛/新垣結衣/吹石一恵/青木崇高/ オダギリジョー/大森南朋
ナンバー 204
批評 ネタばれ注意! 結末に触れています

幼児の送迎バスと巨大輸送船、ふたつのハイジャックを同時に起こし、日本の治安を根底から揺さぶろうとする男。端整な顔立ちの警察・海上保安庁の武装部隊を尻目に、幾度もの修羅場をくぐり抜けてきた孤高のテロリストを演じたオダギリジョーが圧倒的な存在感を示す。父祖伝来の島を追われ人生を奪われた怒りと憎しみ・哀しみと狂気が、国家を道連れにした破滅を呼ぶ。物語は、高度な訓練を受けた特殊部隊と、権力に復讐を目論む元傭兵率いるならず者軍団の対決を描く。実弾飛び交う銃撃戦と肉弾相うつ接近戦、反目する4部隊が同じ“戦場”で命を張りつつ信頼で結ばれていく過程は、熱い“男のドラマ”を感じさせる。女性隊員もいたけど。最近の狙撃手は「アメリカン・スナイパー」のように両目を開けたまま撃つのが主流なのか。。。

乗っ取り事件の首謀者・正木は、政府に対し首相を含む全閣僚にプルトニウム積載の輸送船に身代金を持参せよと迫る。核拡散を恐れた首相は要求に応じ閣僚と共に人質となるが、ほどなく特殊部隊が突入する。

テロリストとは交渉しない米国などとは対照的に、責任の所在ばかり探る政府首脳は優柔不断の極み。結局人命尊重の立場から正木の言いなりになる。しかし、最高司令官でもある首相およびそれに次ぐ地位の者がのこのこ出向けば、もし何かあった場合その後は誰が指揮権を引き継ぐのか。危機的状況下では安倍首相のような断固とした決断を下せる指導者が必要であると、逆説的にこの作品は訴える。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

元々は日本人の平和ボケを危惧する元警察官僚が仕組んだ茶番劇だったはずなのに、正木の暴走に歯止めがきかなくなったという設定。もちろんテロリストへの備えは重要だが、一般市民の銃器所持が厳禁されている我が国では大規模武装テロのリアリティは薄く、実感が伴わない。さらに最終目的が「抑止」と「確保」の違いがある組織が混成部隊で戦闘に臨んだらかえって混乱するのではないだろうか。

オススメ度 ★★

↓公式サイト↓

わたしに会うまでの1600キロ

otello2015-09-01

わたしに会うまでの1600キロ WILD

監督 ジャン=マルク・ヴァレ
出演 リース・ウィザースプーン/ローラ・ダーン/ミヒル・ホイスマン/ダブル・アール・ブラウン/ギャビー・ホフマン
ナンバー 203
批評 ネタばれ注意! 結末に触れています

わずらわしい人間関係から距離を置き大自然のなかで限界まで己を追い込めば、今とはまったく別の世界が開けてくるに違いない。そう思い立った彼女は、山のような荷物を背負い砂漠の道に一歩を踏み出す。未経験者の見立てでは刻々と変わる荒野の環境に対応できず、スタート早々トラブルに見舞われるが、折れそうになる心に鞭を打ち彼女は進み続ける。物語は徒歩で米国西部縦断に挑んだヒロインの冒険と苦難の日々を描く。孤独の中でかつての自分の行状を反芻し、記憶の中の母に教えを乞い、現実と対峙しようとする彼女は、その果てに人生の真実を見つけられるのか。乾燥地帯から雪原、岩場から密林まで様々な顔を見せるに大地に翻弄される彼女を、しっかりと見据えた映像が美しい。

敬愛する母の死を機に、夫がいるにもかかわらずセックスとドラッグ中毒になったシェリル。過去を清算するためにメキシコ国境からカナダを踏破する旅に出る。しかし、1日目から後悔の念に苛まれる。

朝から夕暮れまで渇きと空腹に耐えて歩き、テントを張り、疲労困憊した肉体に水と食料を補給する。これぞ“生きていること”を実感できる瞬間だろう。決して神秘体験をするわけでもない、それでも命とは何かを考えなぜ生まれてきたかの答えを模索する時間は、神と対話する気分だったはず。外見は少しずつ汚れていくが心身は内面から浄化されていく、そんなシェリルの変化をリース・ウィザスプーンがリアルに再現する。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

“どんなにつらい時も物事の良い面を見ようとする”母は、不幸な結婚に敗れても笑顔で育て上げてくれた。なのに、親孝行する前にガンに冒された。シェリルは、甘えを捨てるのが母への供養だと気づく。そしてそれは自身に対する再生の誓いでもある。「神の橋」から望む深い霧に包まれた川は彼女の未来。確かに見通しはきかないが、真摯に臨めばそれほど悪い出来事は起こらないと暗示していた。

オススメ度 ★★★

↓公式サイト↓