こんな映画は見ちゃいけない!

映画ライター・福本ジローによる、ハリウッドの大作から日本映画の小品までスポットを当てる新作映画専門批評サイト。

ジョジョ・ラビット

f:id:otello:20200122102001j:plain

敬愛する総統閣下のためなら命を捨てても惜しくない。醜い角を隠しているユダヤ人どもを容赦なくぶっ殺せ。物語は、第二次大戦下のドイツ、ナチズムに傾倒する少年が、ユダヤ人少女に恋をしたことから起きる価値観の逆転を描く。自由にものが考えられなかった時代、プロパガンダに騙された無辜の市民は独裁者に対して絶対的な信頼をおいている。少年は過激なまでに独裁者の思想に染まってはいるが、なかなか行動に移す勇気を持てない。訓練合宿で張り切るが気持ちだけが空回りする。けれどやさしいママに見守られているとまた頑張ろうという思いが湧いてくる。戦時下でもおしゃれを忘れずダンスを愛するママを、スカーレット・ヨハンソンが可憐に演じていた。彼女の靴が象徴する楽しみと哀しみが強烈な印象を残す。

空想上の友人・アドルフに励まされて青少年団キャンプに参加したジョジョは大けがを負う。退院後帰宅すると、死んだ姉の部屋の隠し扉の奥でユダヤ人少女・エルサを発見する。

通報しなければならないのに、通報したら匿っていたママも逮捕される。現状維持しか選択肢がないと悟ったジョジョは、ユダヤ人への興味からエルサに接近する。そこで初めて知ったナチスの嘘。ユダヤ人といっても外見で見分けられず、話していると自分と同じ人間であると理解する。それどころかかなり年上のエルサに、ジョジョは憧れさえ抱いてしまう。もはや何が正しいのか何が間違っているのか己の頭では判断できない。それでも、ウサギを殺せなかった理性がジョジョに何をすべきかを示唆する。愛し慈しむ心は怒りや憎しみに勝るのだ。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

やがて連合国の侵攻を受け、町は瓦礫の山と化す。そんななか、青少年団の太った女性秘書は最後まで抵抗を貫く。一方でずっと前からドイツの敗戦を予想していた青少年団司令官は、人間としての良心を失っておらず、彼なりの精いっぱいの善意を示す。子供たちの未来のために少しでも役に立とうとする、このキャラのおかげで非常に後味の良い作品になった。

監督  タイカ・ワイティティ
出演  ローマン・グリフィン・デイビス/トーマシン・マッケンジー/タイカ・ワイティティ/レベル・ウィルソン/スティーブン・マーチャント/サム・ロックウェル/スカーレット・ヨハンソン
ナンバー  12
オススメ度  ★★*


↓公式サイト↓
http://www.foxmovies-jp.com/jojorabbit/

ラストレター

f:id:otello:20200121114544j:plain

一文字一文字心を込めて便箋にペンを走らせる。封筒に入れて投かんした後は、相手からの返事が待ち遠しく、配達人のバイクの音が気になって仕方がない。SNSと比べると恐ろしく手間暇がかかる。だからこそそこにしたためられた言葉は相手の胸の奥まで届く。物語は、自死した姉になりすまして高校時代の知人と文通していた女が、様々な人を巻き込んで姉への思いを紡いでいく過程を描く。偽った相手は姉の元恋人で自分の初恋の男だった。歳月は人を変えても感づかれている。やがて姉のひとり娘も文通に加わると、彼女が一番輝いていた高校時代が鮮やかによみがえる。瑞々しい感覚で再現された映像は青春の美しさと残酷さを活写し、かけがえのない時間はいつまでも脳裏に生きていると訴える。

亡姉・美咲の代わりに同窓会に出席した裕里は、乙坂に声をかけられ連絡先を交換するがスマホを壊してしまう。美咲のふりをして乙坂に手紙を送るが、乙坂は美咲と裕里の実家宛に返事を書く。

乙坂からの手紙は美咲の娘・鮎美が開封、彼女もまた乙坂に返信する。筆跡の違いに気づいたのか乙坂は真相を確かめるために仙台に来るが、そこで美咲の死を知る。このあたり、友人にも弔ってもらえなかった美咲がいかに不幸な人生を耐えていたかを暗示する。乙坂にとって美咲は、未練を綴った小説まで上梓するほどの女。裕里と思い出を話すうちに生き返る美咲は未来を約束されたヒロインのように美しく輝いている。“昨日のこと以上に覚えている” 乙坂にとって、美咲の笑顔は永遠の宝物。誰かを好きになるという感情は、時の流れがより純化してくれることを象徴していた。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

その後、乙坂は美咲を死に追いやった男を訪ね、自らの女々しい感傷を指摘される。もはや美咲の空白は埋まらない、それでも高校時代の彼女は忘れられない。恋人として過ごした過去は決して色あせない。人は記憶を美化して真実を乗り越えると乙坂の背中は語っていた。ただ、ライティングが甘く登場人物の表情が見づらいのは残念だった。

監督  岩井俊二
出演  松たか子/広瀬すず/庵野秀明/森七菜/豊川悦司/中山美穂/神木隆之介/福山雅治
ナンバー  11
オススメ度  ★★*


↓公式サイト↓
https://last-letter-movie.jp/

リチャード・ジュエル

f:id:otello:20200120095256j:plain

肥大した肉体と緩慢な動作は他人に間抜けな印象を与えている。だが繊細な心配りができる上、誇り高き正義感は本職の警察官にも負けていない。物語は、人々を救った英雄がメディアと権力によってテロリストに仕立て上げられていく過程を描く。受け答えこそ少しトロいが、無類のお人よし。民間警備員にすぎないのに自ら法執行官を名乗り、自分に疑いをかける官憲の機嫌を取ろうとする。もっと怒るべきだろう。もっと悔しがるべきだろう。ところが、感情を露にする弁護士や母とは裏腹に、騙し討ちのような任意聴取やプライバシーを無視した過熱報道にも、事態をキチンと把握しているのかいないかわからない鷹揚な態度を崩さない。そんな主人公は、いつしか艱難辛苦を乗り越えることが己に課された試練と受け取る聖人のごとき雰囲気をまとい、彼の魂は神々しいまでの輝きを放ち始める。

ライブ会場で不審なリュックを発見したリチャードは観客を避難させ被害を最小限にとどめる。しかし、FBIが彼を容疑者とみていると地元紙が報じ、リチャードは一転してメディアの餌食にされる。

確かに過去にはトラブルもあったが、それはリチャードが正義と良識を貫いた結果。銃器も多数所持している。FBIはなんとしても彼から自白を取ろうと欺瞞に満ちた罠を仕掛けてくる。さらに上昇志向の強い女記者の暴走が拍車をかける。手柄のためにはリチャードの人生など歯牙にもかけず、証拠など何もないのにリチャードを追い詰めていく、権力欲・出世欲に憑りつかれた薄汚れた人間の赤裸々な欲望がリアルに再現されていた。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

リチャードは旧知のワトソンに弁護を依頼するが、ワトソンの忠告にもかかわらずリチャードはFBIに協力的。墓穴を掘るような彼の言動をワトソンは怒鳴りつけたりもする。そしてワトソンを交えたFBIの尋問で初めて論理的な言葉を口にするリチャード。憧れていた法執行官からこれほどまでひどい辱めを受けてもじっと耐えている。あまりにも無垢なリチャードを抱きしめたワトソンの気持ちが深く理解できた。

監督  クリント・イーストウッド
出演  ポール・ウォルター・ハウザー/サム・ロックウェル/キャシー・ベイツ/ジョン・ハム/オリビア・ワイルド/ニナ・アリアンダ/イアン・ゴメス
ナンバー  10
オススメ度  ★★★★


↓公式サイト↓
http://wwws.warnerbros.co.jp/richard-jewelljp/

フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて

f:id:otello:20200117112647j:plain

荒波にもまれ潮風に鍛えられた喉は深く奥行きのある歌声を放つ。物語は、漁師町のコーラスに夢中になった音楽プロデューサーが人生を賭けて彼らを売り出そうとする姿を描く。よそ者にはなかなか心を開いてくれない保守的な土地柄、漁師たちに自分を売り込むため、早朝から漁船に乗り彼らと行動を共にする。ひとりまたひとりと説得するうちにリーダーも古老も賛成に回る。だが、彼をけしかけた上司は冗談のつもり、契約する気など毛頭ない。それでも、これこそがずっと探していた音楽と彼らの歌にほれ込んだ主人公は、上司と袂を分かち業界を駆けまわる。長年の屋外労働で日焼けした顔には深いしわが刻まれている。漁具を扱ってきた手は分厚く固い。命がけの職場を生き抜いてきた男たちの日常が凝縮された風貌が漁師たちの厳しい生き方を象徴していた。

ロンドンの音楽制作会社の上司・同僚の4人で海辺の村を訪れたダニーは、漁師たちの街頭コーラスに聞きほれる。上司に担がれているとも知らず、ダニーは彼らの合唱をアルバムにしようと奔走する。

ダニーはひとり村に残りデモ音源づくりに専念。上司から中止して帰って来いと命令されても、漁師たちとの “絶対に裏切らない” という約束を守ろうとする。さらに、上司の了解が得られないとわかると、彼らを連れてロンドンに乗り込み、ライバル会社で強引にパフォーマンスを見せる。当然迷惑がられるが、ひょんなきっかけから全国ネットで歌うチャンスが与えられる。このあたり、業務のみならず、ダニーは宿を切り盛りするシングルマザーと懇ろになるなどとんとん拍子に話は進んでいく。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

ただ、あれほどダニーには信義を通すことを要求していた漁師たちが、結婚式で下品な歌を披露したり、打ち合わせをすっぽかしたり、TVで予定外の歌を歌うなど、駄々っ子のようなワガママを繰り返しダニーの面目をつぶす。結果オーライになったのはいいけれど、ダニーが仕事熱心な正直者だっただけに漁師たちの幼稚なメンタリティには感心しなかった。

監督  クリス・フォギン
出演  ダニエル・メイズ/ジェームズ・ピュアフォイ/デビッド・ヘイマン/デイブ・ジョーンズ/サム・スウェインズベリー/タペンス・ミドルトン/ ノエル・クラーク
ナンバー  8
オススメ度  ★★*


↓公式サイト↓
https://fishermans-song.com/

ダウントン・アビー

f:id:otello:20200116094501j:plain

会話の端々に皮肉と暗喩がにじみ出る。相手の主張を肯定したり同意したりするときは含みを持たせ、否定したり断るときは遠回しな言い方をする。時に本心と正反対のことを口にして相手に真意を理解させる。そんな、京都洛中人のような、癖のある話し方をする人々。貴族社会のメンタリティは英国も同じだと妙に納得させられた。物語は、国王夫妻訪問の接待に追われる大邸宅住人の人間模様を活写する。粗相があっては家名に傷がつくと眠れぬ夜を過ごすホストファミリー、最高の栄誉と張り切っていたのに下働きに甘んじる使用人、相続をめぐってわだかまりを持つ親戚など、多彩なキャラクターの喜怒哀楽がリアルに描かれる。何よりあらゆるディテールまで再現された1920年代の建物小道具立ち居振る舞いが圧倒的なリアリティをもたらしていた。

実質的なクローリー家の当主・メアリーはカーソンを執事に復帰させるが、食事やパレードの準備に大忙し。ところが、王室の執事と料理番が乗り込んできて、カーソンたちを脇に追いやる。

威光を笠にクローリー家の使用人たちを下僕扱いする王室執事たちに、カーソンたちは一致団結、一計を案じる。一方、王妃の侍女・モードは肚に一物ある様子。他にも仕事と家庭、同性愛、政治的思想など様々な問題を抱えた登場人物がそれぞれの思惑を胸に駆け引きをする。感情はあくまで表に出さず言葉を武器に闘う姿は、暴力を伴わない戦争を見ているような気分になった。領地を経営し土地屋敷を維持しながらも、したたかに時代を生き抜いてきた矜持と底意地の悪さが混じった先代伯爵夫人を演じたマギー・スミスの、人を委縮させるような視線が印象的だった。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

国王一行が到着、パレードの邪魔者も排除し、いよいよ晩餐会の時間になる。プロ意識をいかんなく発揮したカーソンたちは見事な働きぶりを見せ、メアリー以下クローリー家全員が面目を保ち、様々な諍いや確執もすべて落としどころを見つける。最後まで追い詰めない大人の解決策は、英国貴族の余裕を感じさせた。

監督  マイケル・エングラー
出演  ヒュー・ボネビル/ジム・カーター/ミシェル・ドッカリー/エリザベス・マクガバン/マギー・スミス/イメルダ・スタウントン/ペネロープ・ウィルトン
ナンバー  6
オススメ度  ★★★


↓公式サイト↓
https://downtonabbey-movie.jp/

パラサイト 半地下の家族

f:id:otello:20200115094036j:plain

半地下の部屋の地面と同じ高さに設えられた通気窓から見えるのは、雑然とした路地と立小便する酔っ払い。一方、一面ガラス張りのリビングからは、手入れされた庭園と芝生の上に子供が張ったテントが見渡せる。失業中の家族と成功したIT社長、彼らが窓越しに見ている風景は同じ町とは思えないほどの別世界だ。物語は、富豪一家の家庭教師を頼まれた浪人生が次々を自分の家族を豪邸に送り込み、ささやかな幸せを味わう過程を描く。言葉巧みに雇い主の信用を得、身分を偽った妹・父・母を豪邸に送り込んでいく。その手口は巧妙かつ鮮やかで、綿密な計画を練りリハーサルの上で実行に移せばだれにも疑われない。ところが不運な偶然が彼らの小さな油断に襲い掛かる。「富の再分配」を望んでいるわけではない。ただ最低限の暮らしがしたいと願う姿が哀切を誘う。

女子高生の家庭教師代役を引き受けたギウは高台の豪邸に赴く。そこで長男の美術指導に妹・ギジョンを紹介、父・ギテクが運転手、母・チュンスクが家政婦として雇われるように仕向けていく。

狭い家の中の一番高いところに仕切りもなく便器が鎮座している。下水管からの逆流を防ぐためなのだろう、そのトイレより低いところで寝食する家族は韓国における最底辺の生活を象徴していた。そこから少しでも這い上がろう悪知恵を働かせるが、濡れ衣を着せてやめさせた運転手の行く末をチュンスクが心配するシーンが印象的だ。自己責任が問われる競争社会、負け組から脱出するには別の誰かを引きずり下ろすしかない現実が、人々の良心を曇らせていると訴えていた。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

豪邸の秘密が明らかになると、彼らの立ち位置が反転する。彼ら以上に切迫した事情を持つ夫婦との諍い、さらに社長一家の帰宅と、ギテクたちは追い詰められていく。そして迎えたカタストロフ。もはや勤勉や努力では一度落ちてしまった貧困層からは這い上がれない。希望は夢や妄想の中だけでしか抱けない。そんな、救いのない絶望感がリアルな感情を伴って再現されていた。

監督  ポン・ジュノ
出演  ソン・ガンホ/イ・ソンギュン/イ・ソンギュン/ チョ・ヨジョン/チェ・ウシク/パク・ソダム/イ・ジョンウン/チャン・ヘジン
ナンバー  7
オススメ度  ★★★


↓公式サイト↓
http://www.parasite-mv.jp/

フォードvsフェラーリ

f:id:otello:20200114100110j:plain

下腹部にまで響き渡るエンジンのうなりと、サーキットを疾走するレーシングカーの地を這う視点。時に空気の壁に穴を穿つようにアクセルを踏み込み、時に重苦しい闇を切り裂くようにステアリングを切る。ドライバーが体感する7000回転/分、時速300キロメートルの世界を再現した映像は、圧倒的な臨場感で客席に迫る。物語は、最高峰の耐久レースに挑戦した男たちの熱い日々を描く。引退したけれどレースへの情熱は衰えていない男と、腕は確かなのに社会性に問題のある男。正反対の性格だが共通点も多い2人は、数々の技術的な難題にぶち当たってもひとつずつ解決していく。一方で欲深い権力者を相手にすると妥協もやむを得ない。巨額のカネが動くモータースポーツ、純粋さだけでは通用しない事情がリアルな人間臭さを漂わせていた。

フェラーリ社への買収話を蹴られたフォード社は、ル・マン24時間レースでの勝利を目指しシェルビーを雇い入れる。シェルビーは町で修理工場を営むケンに声をかけ、チーフドライバーに指名する。

ケンのアドバイスで開発した新車でル・マンに乗り込もうとしたシェルビー達だが、直前に副社長から横やりが入りケンはチームを外される。だがクルマの癖を知らないドライバーのせいで1年目は惨敗。シェルビーは社長から全権を委任されケンと共に翌年のル・マンでの雪辱を期す。このあたり、独裁者のごとき社長の下で新たな事業にチャレンジする者と他人の手柄を横取りしようとする者が足の引っ張り合いを演じるなど、現場で汗を流す2人の苦労話よりも興味深かった。

◆ネタばれ注意! 以下 結末に触れています◆

再びル・マンの舞台、今度はケンがコックピットに入りチームフェラーリに挑む。セクシーな曲線が美しい真っ赤なフェラーリと空気抵抗軽減重視のフォードが、わずか数センチほどの車間で抜きつ抜かれつするスリリングな展開に時間を忘れた。そして大人の対応を迫られる2人。情熱や信念は強くても他人をたやすく信用する人間はカモにされる、そんな米国流ビジネスの厳しさが印象的だった。

監督  ジェームズ・マンゴールド
出演  マット・デイモン/クリスチャン・ベール/ジョン・バーンサル/カトリーナ・バルフ/トレイシー・レッツ/ジョシュ・ルーカス/ノア・ジュプ
ナンバー  5
オススメ度  ★★★*


↓公式サイト↓
http://www.foxmovies-jp.com/fordvsferrari/